2004.09.15

結核を疑え!、高齢者の“発病爆発”は臨界点−−日経メディカルの特集

最新号表紙画像 結核感染者の「巨大な山」が崩れようとしている。ピークは80歳前後にある。わが国に結核がまん延していた1950年代、30人に1人が結核を発病した。当時20歳代だった彼・彼女らは、現在7割以上が結核に感染している。感染した結核は免疫力により増殖を止められていたが、高齢化し糖尿病やCOPDなどの疾患に罹患して、免疫機能が低下するとともに、多くが結核発病へと至る。今、この集団にどう対処するか、そして若年者への感染をどう防止すればよいのか。日常診療で、常に結核を頭に入れておかなければいけない時代がやってきた。

 日経メディカル9月号では、「結核を疑え!、高齢者の“発病爆発”は臨界点」について特集しています。このほかの主な内容は下記の通り。

特集
 開業医3465人の大調査、信頼できる紹介病院の選び方

 精査が必要なとき、専門的治療が必要なとき、どの病院に患者を紹介するかは、ゲートキーパーである開業医の腕の見せどころ。日経メディカルでは、本誌の開業医読者1万5221人を対象に、紹介実績などのほか、胃癌をはじめ計12疾患について実際の紹介病院を調査した(有効回答数3465人)。紹介先として人気が高かった病院をランキングするとともに、病診連携に積極的に取り組む開業医を取材し、紹介病院の選び方のコツをまとめた。

インタビュー
 大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター小児科医長/高松勇氏
 結核対策の方針転換と臨床医の役割
 高齢・ハイリスク者発の連鎖を断て

トレンドビュー
・「VALUE」試験の結果が混乱するワケ
・ウジを這わせて糖尿病性足潰瘍を改善
・年金をきちんと納めてきましたか?
・病院経営を大学院で学ぶ医師たち

 詳しくは、日経メディカル9月号(9月10日発売)のトレンドビューをお読み下さい。

 定期購読は、オンラインでもお申し込みいただけます。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:457
  2. 抗菌薬関連下痢症の再発を防ぐ抗体医薬が登場 トレンド◎C. difficile産生トキシンBを捕捉して腸傷害を回避 FBシェア数:8
  3. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  4. 比較読影はなぜ重要なのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
  5. 心筋梗塞の25%は胸痛なしと知ってはいたが… 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:21
  6. 成長期のアスリートに多いスポーツ貧血って? あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:47
  7. 「雪かきして、だるい」も危険なサイン Cadetto Special●冬の救急 FBシェア数:3
  8. インフルエンザ脳症で1歳児が死亡、今シーズン初め… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:189
  9. 「入院難民」「在宅難民」が深刻な社会問題に 特集◎「2040年問題」で日本の医療はここまで変わる《3》 FBシェア数:121
  10. 医師の時短に向け直ちに実施すべき事項を明示 「医師の働き方改革に関する検討会」が緊急取り組み案と中間論点整理 FBシェア数:7
医師と医学研究者におすすめの英文校正