2004.09.15

いつかは開局、薬局オープンまでの準備の進め方−−日経DIの特集

最新号表紙画像 薬局チェーンが台頭しているとはいえ、医薬分業が進展している中、個人レベルでの開局も相次いでいる。既に開局を果たした薬剤師がそろって口にするのは独立開業には勤務薬剤師時代とは比べものにならないやりがいがあるということだ。「いつかは開局を」と考えている薬剤師に押さえておいてほしい基礎知識をまとめた。

 日経ドラッグインフォメーション9月号のリポートは、「「いつかは開局、薬局オープンまでの準備の進め方」です。このほかの主な内容は下記の通り。

リポート 
 処方医が一目置く、トレースレポートはこう書く。報告すべき事項と押さえたいポイント

 コンプライアンス不良やちょっとした体調の変化など、「直ちに疑義照会をするほどではないが、医師の耳に入れておきたい」という患者情報は多い。そんなときに有効なのが処方医への情報提供文書すなわち「トレースレポート」である。医師への的確な情報のフィードバックは薬局の評価を高めるとともに、服薬情報提供料の算定対象でもある。医師を納得させ、具体的な対応をとってもらうためには、何をどのように書けばいいのだろうか。

DIクイズ:服薬指導−1 
 禁煙補助剤と相互作用を起こす薬剤

DIクイズ:服薬指導−2 
 速効型インスリン分泌促進剤を食直前に飲む理由

DIクイズ:処方せんを読む
 飲み忘れが多い患者に処方されたCa拮抗剤

 詳しくは、日経ドラッグインフォメーション9月号(9月10日発売)をお読み下さい。

 定期購読は、オンラインでもお申し込みいただけます。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 職員が2グループに分裂、退職相次ぐ事態に 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:40
  2. 83歳男性。両下肢の脱力 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 保険者の突合点検で発覚した検査料の誤請求 あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:46
  4. 慈恵医大、画像診断所見放置で新たに2人死亡 画像診断報告書の確認漏れが相次ぐ FBシェア数:192
  5. “根室の奇跡” 耐性肺炎球菌を減らせた秘策 事例研究◎抗菌薬を適切に使えば必ず地域社会を変えられる FBシェア数:245
  6. 怒りのピーク「7秒間」を制する極意 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:24
  7. 医者だとバレたくない うさコメント! FBシェア数:14
  8. ハーボニーが使えないC型肝炎患者はどうなる? 記者の眼 FBシェア数:0
  9. やる気のある職員が定着しない…打開策は? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:116
  10. 「What can I help you wit… 実践!医療英語「このフレーズ、英語で何と言う?」 FBシェア数:1