2004.09.15

【Pharma Business】 SCRIP MAGAZINE:医薬品R&Dで日本企業は競争力を維持できるか?(下)

 日本で医薬品の特許が認められたのは1976年と遅く、90年代までは行政の方針も革新的な医薬品にとって不利なものだった。こうした事情を考慮すれば、日本の製薬企業からメバロチンやアリセプト、プログラフなどの画期的新薬が次々と生まれてきたことは賞賛に値する。日本企業の社内研究チームが世界市場で競争できる製品を生み出す能力は、同規模の海外製薬企業と十分に互していけるものである。

 ただし、日本企業の創薬活動が、米企業のそれと同程度に革新的であるというわけではない。バイオテクノロジー企業由来のものも含めれば、米企業が開発中の新薬は市場規模の違いを考慮しても、日本企業よりはるかに多い(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:357
  2. 看護師に問題視される医師 うさコメント! FBシェア数:1
  3. 17歳女子。主訴:下痢と肛門部痛 総合内科BASICドリル FBシェア数:1
  4. 56歳男性。湿性咳嗽、呼吸苦 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  5. 内覧会でPRした手術、手続き漏れで実施できず 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 28歳男性。腹痛、下血 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  7. 74歳女性。入院中の著明な血小板減少 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  8. 診察中の患者の横でひざまづき祈り始めた通訳 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:30
  9. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:103
  10. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:476