2004.09.14

【製品トレンド】学会会場などでのデータ交換にUSB接続のフラッシュメモリが便利

 学会会場や研修会などの場で、パソコンに記録した発表資料の受け渡しをしたいことがある。電子メールによるやりとりには電話回線が必要で、その場ですぐには渡すのは難しい。以前ならフロッピーディスクによる交換が一般的だったが、最近ではフロッピードライブがないパソコンが多いほか、大容量の画像データの場合、フロッピーに収まりきらないことも少なくない。

 こんな時、USBインタフェースに接続するタイプの超小型フラッシュメモリが便利だ。最近になって価格がこなれ、あちこちで利用者を見かけるようになってきた。128MB(メガバイト)クラスなら大手量販店で3000〜6000円程度。サイズも万年筆のキャップ程度と小さく、キーホルダーにつけてポケットやハンドバッグに入れておいても違和感がない。

 使い方は簡単で、最近のパソコンなら必ず用意されているUSBインタフェースに接続するだけ。パソコン上ではディスクドライブと同じ使い方ができる。パソコン側から電源を供給するので、電池や外部電源は不要だ。Windows 98とWindows 98SEではメーカー提供の専用ドライバーソフトをパソコンにインストールする必要がある。

 Windowsなら、フラッシュメモリを装着すると、「マイ コンピュータ」のなかに「D:」などというアイコンが表示されるので、コピーしたいファイルをマウス操作でそのアイコンに重ねればよい。128MBのフラッシュメモリなら、1280×960ドットの画像ファイル(低圧縮率JPEG形式で1枚分約200キロバイト)が500枚以上記録できる。

 表に代表的な製品の一覧を示す。書き込みや消去を防止するスイッチを本体につけた製品もある。



 価格がこなれてきたことと、医師や研究者などに重宝されることから、学会併設の展示会でプレゼンテーションデータを記録した製品名・企業名入りのフラッシュメモリを配布する企業も増えている。ただし、こういった配布用は8メガバイト程度の小容量タイプが多いようだ。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 50歳代男性。咳、痰、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:4
  3. 今年の大学医学部入試の問題から(その2) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1
  4. 山形県の麻疹感染が拡大、埼玉県や宮城県でも患者確… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:288
  5. 最も長い名前の呼吸器疾患 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:8
  6. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:11
  7. 画像診断報告書の確認漏れが起こる理由 リポート◎指摘の見落とし、連携不足、多忙など改善点は多く FBシェア数:202
  8. 血中トランス脂肪酸高値は日本人でもCVリスク 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:202
  9. 地域医療構想の未来とお座敷遊び「とらとら」と 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:0
  10. ガイドライン外来診療◆貧血 ガイドライン外来診療 FBシェア数:0