2004.09.14

【製品トレンド】学会会場などでのデータ交換にUSB接続のフラッシュメモリが便利

 学会会場や研修会などの場で、パソコンに記録した発表資料の受け渡しをしたいことがある。電子メールによるやりとりには電話回線が必要で、その場ですぐには渡すのは難しい。以前ならフロッピーディスクによる交換が一般的だったが、最近ではフロッピードライブがないパソコンが多いほか、大容量の画像データの場合、フロッピーに収まりきらないことも少なくない。

 こんな時、USBインタフェースに接続するタイプの超小型フラッシュメモリが便利だ。最近になって価格がこなれ、あちこちで利用者を見かけるようになってきた。128MB(メガバイト)クラスなら大手量販店で3000〜6000円程度。サイズも万年筆のキャップ程度と小さく、キーホルダーにつけてポケットやハンドバッグに入れておいても違和感がない。

 使い方は簡単で、最近のパソコンなら必ず用意されているUSBインタフェースに接続するだけ。パソコン上ではディスクドライブと同じ使い方ができる。パソコン側から電源を供給するので、電池や外部電源は不要だ。Windows 98とWindows 98SEではメーカー提供の専用ドライバーソフトをパソコンにインストールする必要がある。

 Windowsなら、フラッシュメモリを装着すると、「マイ コンピュータ」のなかに「D:」などというアイコンが表示されるので、コピーしたいファイルをマウス操作でそのアイコンに重ねればよい。128MBのフラッシュメモリなら、1280×960ドットの画像ファイル(低圧縮率JPEG形式で1枚分約200キロバイト)が500枚以上記録できる。

 表に代表的な製品の一覧を示す。書き込みや消去を防止するスイッチを本体につけた製品もある。



 価格がこなれてきたことと、医師や研究者などに重宝されることから、学会併設の展示会でプレゼンテーションデータを記録した製品名・企業名入りのフラッシュメモリを配布する企業も増えている。ただし、こういった配布用は8メガバイト程度の小容量タイプが多いようだ。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ガイドラインにはない認知症の薬物療法のコツ プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:77
  2. 膿のニオイをかぐのはNG? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:2
  3. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:244
  4. 医療事故調制度の「目的外使用」が続々明らかに ニュース追跡◎制度開始から1年、現場の理解はいまだ不十分 FBシェア数:35
  5. 救クリが研修先として適切か検証してみた 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:1
  6. 45歳男性。胸痛、冷汗 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. ニボルマブ薬価50%下げは厚労省判断だった 医療行政の舞台裏◎実は「官邸に押し切られた」のではなく… FBシェア数:1
  8. 医師国家試験を解答するAIの正体教えます トレンド◎人工知能が医療現場にやってくる FBシェア数:221
  9. 腸管アンモニア産生菌に対する肝性脳症治療薬 最新DIピックアップ FBシェア数:8
  10. 「肩や上腕のひどい疼痛」で見逃せない疾患は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:1