2004.09.14

ロシュ・ダイアグ、血液ガス、電解質分析装置と遠隔管理ソフトを発売

 ロシュ・ダイアグノスティックスは、デスクトップ型血液ガス・電解質分析装置の新機種「OMNI S」とOMNIシリーズの分析装置を集中管理するソフトウエア「OMNILINK」を9月に発売した。OMNI Sは、OMNIシリーズ既存モデルに対し、1.新たにグルコース、乳酸イオン、BUNなどの生化学項目が測定可能になった、2.試薬パックにICチップを内蔵し、試薬パックごとの液量管理を可能にした、3.自動精度管理システムを標準で内蔵した、などが新たな特徴。2モデルあり、pH、血液ガス、電解質、ヘマトクリット、tHB、SO2、Glu、Lacが測定できる「OMNI Sシステム5」のメーカー希望小売価格が1200万円、pH、血液ガス、電解質、ヘマトクリット、ヘモグロビン分画、Glu、Lac、BUNの測定が可能な「OMNI Sシステム6」が同じく1350万円。初年度の販売目標は、システム5、システム6の両モデルを合わせて50台を見込んでいる。

 OMNILINKはOMNIシリーズ共通ソフトで、接続されたOMNIシリーズ全機種の試薬残量、患者データなどの状況確認、キャリブレーション操作、各種洗浄作業などの遠隔操作などを集中監視・制御できる。メーカー希望小売価格は450万円。

 ロシュ・ダイアグノスティックスのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザ脳症で30代患者死亡、今季2例目 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:276
  2. 「2025年」大予測! 医療改革は成功?失敗? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:2
  3. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:230
  4. 他界した弟に導かれて医師の道へ 人物ルポ■奄美群島の産婦人科医療に挑む小田切幸平氏 FBシェア数:145
  5. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:237
  6. 外傷性気胸に胸腔ドレナージは要らない? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:155
  7. 「人生の最終段階に関するGL」改訂へ 3月末までの改訂予定で、厚労省がたたき台を提示 FBシェア数:2
  8. 主訴<腰痛>での救急搬送で見逃せない疾患は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:21
  9. 民間の医療保険? そんなの入る必要ありません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:22
  10. サイトメガロウイルスのDNA検査薬が保険収載 新生児の尿で検査可能、既存の抗体薬に比べて高感度 FBシェア数:4
医師と医学研究者におすすめの英文校正