2004.09.14

ロシュ・ダイアグ、血液ガス、電解質分析装置と遠隔管理ソフトを発売

 ロシュ・ダイアグノスティックスは、デスクトップ型血液ガス・電解質分析装置の新機種「OMNI S」とOMNIシリーズの分析装置を集中管理するソフトウエア「OMNILINK」を9月に発売した。OMNI Sは、OMNIシリーズ既存モデルに対し、1.新たにグルコース、乳酸イオン、BUNなどの生化学項目が測定可能になった、2.試薬パックにICチップを内蔵し、試薬パックごとの液量管理を可能にした、3.自動精度管理システムを標準で内蔵した、などが新たな特徴。2モデルあり、pH、血液ガス、電解質、ヘマトクリット、tHB、SO2、Glu、Lacが測定できる「OMNI Sシステム5」のメーカー希望小売価格が1200万円、pH、血液ガス、電解質、ヘマトクリット、ヘモグロビン分画、Glu、Lac、BUNの測定が可能な「OMNI Sシステム6」が同じく1350万円。初年度の販売目標は、システム5、システム6の両モデルを合わせて50台を見込んでいる。

 OMNILINKはOMNIシリーズ共通ソフトで、接続されたOMNIシリーズ全機種の試薬残量、患者データなどの状況確認、キャリブレーション操作、各種洗浄作業などの遠隔操作などを集中監視・制御できる。メーカー希望小売価格は450万円。

 ロシュ・ダイアグノスティックスのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:544
  2. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  3. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:2
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:211
  5. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:431
  6. てんかん治療薬の使い方はここに注意! 2017年2月号特集◎抗てんかん薬Update FBシェア数:25
  7. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:172
  8. 鳴り響くアラーム音とPHS DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:5
  9. 前立腺生検の対象はMRIでトリアージするべき Lancet誌から FBシェア数:81
  10. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1051