2004.09.14

佐藤製薬、尿素10%配合の乾燥性皮膚治療薬を発売

 佐藤製薬はセラミドと尿素を配合した乾燥性皮膚治療用の市販薬「パスタロンSEクリーム」と「パスタロンSEローション」を9月15日に発売する。細胞間脂質であるセラミドと保湿因子である尿素を配合することで、乾燥肌の固くなった皮膚を柔らかくし、水分を保持するという。

 パスタロンSEクリームは基剤にセラミド、保湿成分として尿素10%を配合しているほか、有効成分として、血行を改善する酢酸トコフェロールと炎症を抑えるグリチルリチン酸、スクワランを配合している。希望小売価格は30g入りが945円、60g入りが1680円(いずれも税込み)。

 パスタロンSEローションも基剤にセラミド、保湿成分として尿素10%を配合しているほか、パスタロンSEクリームと同じ酢酸トコフェロールとグリチルリチン酸と、かゆみを抑える成分として抗ヒスタミン剤のジフェンヒドラミンとクロタミトンを配合している。希望小売価格は100g入りで2100円。

 佐藤製薬のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:128
  2. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  3. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 意外と難しい運動誘発性喘息の診断 あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:35
  5. 卵アレルギーは「微量のゆで卵」で防ぐ リポート◎学会が提言、アトピー乳児は早期から卵摂取を FBシェア数:136
  6. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  7. 外国人診療で増えつつある「母国の親戚」問題 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:27
  8. 鳥インフルエンザ(H7N9)のヒト化が進む 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《4》 FBシェア数:6
  9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:1
  10. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:466