2004.09.14

中止相次ぐ政府系医療ITプロジェクト、経産省の補正事業では26事業のうち6事業が中止に

 政府の補助金や委託金を受けて始まった医療ITプロジェクトが、相次いで中止に追い込まれている。今年3月末には、三重県の久居一志地区医師会が中心となり進めてきた「三重県地域保健医療福祉情報ネットワークシステム」が事業に終わりを告げた。地域の中核病院と診療所をCATV網で結び、地域内の患者カルテを一元管理するという電子カルテプロジェクトで、開発には2億5200万円もの予算を投入したが、参加医療機関の数がわずか3病院、2診療所と伸び悩んだためだ。

 三重県のプロジェクト以外にも、経済産業省の2000年度の補正予算を受けて、2001年以降に各地域で同様のネットワークシステムが稼働した。当時の補正予算総額は58億7500万円。1プロジェクト当たり平均で約2億2000万円の国費が投入されたが、全26プロジェクトのうち、三重県を含めて6地域のプロジェクトが既に事業を中止・終了している。稼働中のプロジェクトにおいても、実際にはほとんど使われていないか、または機能を縮小しているところが少なくない。

 巨額の資金をつぎ込みながらも、医療機関のIT化は遅々として進まないのが現状だ。厚生労働省は「2006年度末までに400床以上の病院と診療所の6割に電子カルテを普及させる」というグランドデザインを示し、補助金などで普及を後押ししてきた。だが、普及率は1〜2%台(2002年10月時点)にとどまっている(詳細は「日経ヘルスケア21」9月号28〜31ページの記事参照)。
(川崎慎介、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1409
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:108
  3. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:43
  4. 冷所保存の薬を室温に出しっぱなし!使える? 荒井有美の「今さら聞けない薬の話」 FBシェア数:2
  5. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:31
  6. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:107
  7. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:31
  8. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:51
  9. 東京理科大、クオールでの実務実習を辞退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:214
  10. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:172