2004.09.10

【Pharma Business】 直言・痛言:薬価改定の年に納入価が下落しているのはなぜか

 「数年前なら、卸が特定商品の納入価を下げるとそのメーカーの担当者が怒鳴り込んできたものですが、最近はそういうことがなくなりましたね」と、ある医薬品卸の現場責任者が話してくれた。こうした事情を反映してか、卸と医療機関による今年の医薬品納入価交渉は、以前とは異なる様相を呈している。薬価改定があった年にもかかわらず、既に納入価が大幅に下落する傾向を見せているのだ。

 医薬品の納入価は、薬価改定の年には、少なくとも大きくは値崩れしないのが近年のパターンだった。薬価調査の時点で薬価と納入価の差が乖離していると、その薬は次回の薬価改定で大幅な引き下げを強いられることになる。このため、メーカーの担当者は納入価の維持に神経を尖らせてきたわけだが、冒頭に紹介したコメントのように、メーカーによる卸の締めつけは緩んできている(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1409
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:108
  3. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:43
  4. 冷所保存の薬を室温に出しっぱなし!使える? 荒井有美の「今さら聞けない薬の話」 FBシェア数:2
  5. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:31
  6. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:107
  7. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:31
  8. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:51
  9. 東京理科大、クオールでの実務実習を辞退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:214
  10. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:172