2004.09.10

【Pharma Business】 直言・痛言:薬価改定の年に納入価が下落しているのはなぜか

 「数年前なら、卸が特定商品の納入価を下げるとそのメーカーの担当者が怒鳴り込んできたものですが、最近はそういうことがなくなりましたね」と、ある医薬品卸の現場責任者が話してくれた。こうした事情を反映してか、卸と医療機関による今年の医薬品納入価交渉は、以前とは異なる様相を呈している。薬価改定があった年にもかかわらず、既に納入価が大幅に下落する傾向を見せているのだ。

 医薬品の納入価は、薬価改定の年には、少なくとも大きくは値崩れしないのが近年のパターンだった。薬価調査の時点で薬価と納入価の差が乖離していると、その薬は次回の薬価改定で大幅な引き下げを強いられることになる。このため、メーカーの担当者は納入価の維持に神経を尖らせてきたわけだが、冒頭に紹介したコメントのように、メーカーによる卸の締めつけは緩んできている(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:142
  2. NHKさん大丈夫?ベルソムラで糖尿病予防って くめやすはるの「健康番組タメツスガメツ」 FBシェア数:565
  3. 院長を落胆させた「即戦力新人」の仕事ぶり 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:2
  4. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  5. 米国医療に憧れる君へ 愛のハリセン FBシェア数:129
  6. 意外と多いナースの更衣室の悩み 小林光恵の「ほのぼのティータイム」 FBシェア数:69
  7. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:322
  8. その点滴を止めろ! DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:15
  9. 「誇大広告」とはいったい何だったのか? 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:0
  10. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0