2004.09.10

【Pharma Business】 直言・痛言:薬価改定の年に納入価が下落しているのはなぜか

 「数年前なら、卸が特定商品の納入価を下げるとそのメーカーの担当者が怒鳴り込んできたものですが、最近はそういうことがなくなりましたね」と、ある医薬品卸の現場責任者が話してくれた。こうした事情を反映してか、卸と医療機関による今年の医薬品納入価交渉は、以前とは異なる様相を呈している。薬価改定があった年にもかかわらず、既に納入価が大幅に下落する傾向を見せているのだ。

 医薬品の納入価は、薬価改定の年には、少なくとも大きくは値崩れしないのが近年のパターンだった。薬価調査の時点で薬価と納入価の差が乖離していると、その薬は次回の薬価改定で大幅な引き下げを強いられることになる。このため、メーカーの担当者は納入価の維持に神経を尖らせてきたわけだが、冒頭に紹介したコメントのように、メーカーによる卸の締めつけは緩んできている(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 病室でトコジラミ発見!入院患者をどう守る? リポート◎患者への被害を寸前で防いだ信州大学病院の危機対応 FBシェア数:182
  2. 57歳男性。息切れ 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  3. 心筋梗塞を自力で治療し搬送された看護師の話 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:163
  4. 7%の減量で本当に脂肪肝が治るか検証してみた 記者の眼 FBシェア数:126
  5. 大人の自閉スペクトラム症は第二の新型うつ病? 宮岡等の「精神科医のひとりごと」 FBシェア数:156
  6. 新専門医制度、期待と不安の中で8400人が船出 特集◎走り出した新専門医制度《プロローグ》 FBシェア数:27
  7. 糖尿病治療のEvidence-Based Med… 糖尿病治療のエビデンス FBシェア数:51
  8. サブスペシャリティー専門医はどう取るの? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-1》 FBシェア数:50
  9. 精神科単科病院を取り巻く差別の可視化 その死に誰が寄り添うか−精神科単科病院にて FBシェア数:53
  10. 患者さんの死で気づいた診療所の役割 うさコメント! FBシェア数:27
医師と医学研究者におすすめの英文校正