2004.09.10

【Pharma Business】 直言・痛言:薬価改定の年に納入価が下落しているのはなぜか

 「数年前なら、卸が特定商品の納入価を下げるとそのメーカーの担当者が怒鳴り込んできたものですが、最近はそういうことがなくなりましたね」と、ある医薬品卸の現場責任者が話してくれた。こうした事情を反映してか、卸と医療機関による今年の医薬品納入価交渉は、以前とは異なる様相を呈している。薬価改定があった年にもかかわらず、既に納入価が大幅に下落する傾向を見せているのだ。

 医薬品の納入価は、薬価改定の年には、少なくとも大きくは値崩れしないのが近年のパターンだった。薬価調査の時点で薬価と納入価の差が乖離していると、その薬は次回の薬価改定で大幅な引き下げを強いられることになる。このため、メーカーの担当者は納入価の維持に神経を尖らせてきたわけだが、冒頭に紹介したコメントのように、メーカーによる卸の締めつけは緩んできている(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:192
  2. 「2025年」大予測! 医療改革は成功?失敗? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:2
  3. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:224
  4. 民間の医療保険? そんなの入る必要ありません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:18
  5. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:1
  6. 主訴<腰痛>での救急搬送で見逃せない疾患は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:16
  7. 他界した弟に導かれて医師の道へ 人物ルポ■奄美群島の産婦人科医療に挑む小田切幸平氏 FBシェア数:113
  8. 外傷性気胸に胸腔ドレナージは要らない? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:80
  9. 胸部や腹部のCT検査が腎切除術を増やす JAMA Intern Med誌から FBシェア数:72
  10. レビー小体型認知症の診断、改訂ポイントは? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:59
医師と医学研究者におすすめの英文校正