2004.09.09

日本光電、医療機関向け非観血式血圧計のノイズ低減技術を開発

 日本光電は9月8日、東北大学との共同研究で、病院などで利用されている非観血式血圧計の減圧時に発生する圧力ノイズを減らす新技術を開発したと発表した。

 病院などで用いられている血圧測定では、腕に圧迫帯(カフ)を巻いて測定する非観血式自動血圧測定装置が広く用いられている。このタイプの血圧計ではいったん収縮期血圧以上に上げたカフ圧を段階的に減圧(ステップ減圧)し、各圧力段階ごとに圧力センサーで脈圧を検出する。

 ところが、ステップ減圧を行うと、断熱膨張によってカフ内の温度が急激に下がり、その後、体熱や周囲熱によって温度が回復(上昇)し、それに伴ってカフ内の圧力が再び高まる。この圧力変化が測定対象の脈波とよく似ており、特に小児や血圧低下をきたした患者の測定に悪影響を及ぼしていた。

 日本光電研究開発本部フロンティアオフィスと東北大学流体化学研究所教授の早瀬敏幸氏らの研究グループは、ステップ減圧時の温度変化を抑制することで圧力のゆらぎを10分の1以下にすることに成功したもの。特許申請の関係で技術の詳細は今のところ明らかにしていない。

 同社では、製造上の課題を解決し、できるだけ早い時期に製品化に漕ぎ着けたい構え。発売時期は未定だが、「製品化には数年は要しない」見通しだ。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ポストがない…転職に動く「外様」医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:60
  2. 74歳女性。労作時呼吸困難 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 特養の嘱託医、頑張るほど「持ち出し」の現実 記者の眼 FBシェア数:56
  4. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  5. 解雇された職員、撤回求め院長に交渉を要求 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 感染対策もオシャレに わかる!院内感染対策 FBシェア数:10
  7. オーナーが倒産寸前! 危ない物件の見分け方 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  8. なぜ広がらない?看護師特定行為研修制度 リポート◎10年で10万人目指すも、1年半で583人… FBシェア数:17
  9. 「AIに興味がある医師」を探し始めた病院の狙い 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:9
  10. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0