2004.09.09

日本光電、医療機関向け非観血式血圧計のノイズ低減技術を開発

 日本光電は9月8日、東北大学との共同研究で、病院などで利用されている非観血式血圧計の減圧時に発生する圧力ノイズを減らす新技術を開発したと発表した。

 病院などで用いられている血圧測定では、腕に圧迫帯(カフ)を巻いて測定する非観血式自動血圧測定装置が広く用いられている。このタイプの血圧計ではいったん収縮期血圧以上に上げたカフ圧を段階的に減圧(ステップ減圧)し、各圧力段階ごとに圧力センサーで脈圧を検出する。

 ところが、ステップ減圧を行うと、断熱膨張によってカフ内の温度が急激に下がり、その後、体熱や周囲熱によって温度が回復(上昇)し、それに伴ってカフ内の圧力が再び高まる。この圧力変化が測定対象の脈波とよく似ており、特に小児や血圧低下をきたした患者の測定に悪影響を及ぼしていた。

 日本光電研究開発本部フロンティアオフィスと東北大学流体化学研究所教授の早瀬敏幸氏らの研究グループは、ステップ減圧時の温度変化を抑制することで圧力のゆらぎを10分の1以下にすることに成功したもの。特許申請の関係で技術の詳細は今のところ明らかにしていない。

 同社では、製造上の課題を解決し、できるだけ早い時期に製品化に漕ぎ着けたい構え。発売時期は未定だが、「製品化には数年は要しない」見通しだ。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「金がないから検査はしたくない」への応え方 シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:141
  2. さよならNEJM、そしてさよならFDA 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:4
  3. 「できるだけ安い薬を出して」と言われたら シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:128
  4. 「どう逝きたいか」がリアルに伝わる文書を施設間で… ケーススタディー◎春日井市民病院「ACP相談員」 FBシェア数:27
  5. 「爪剥がし事件」で逆転無罪、正当な医療行為と認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:80
  6. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  7. 先輩たちが新人を退職に追い込んだ意外な理由 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:0
  8. 70歳男性。左下腹部痛、血便 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:131
  10. アドバンス・ケア・プランニングはどう進める? インタビュー◎意思決定支援なしでは治療できない時代に FBシェア数:16