2004.09.09

タカラバイオ、明日葉に2種類の血糖値低下もたらす物質を発見

 タカラバイオは9月8日、明日葉に豊富に含まれるカルコンという物質に、血糖値低下をもたらす作用があることを発見したと発表した。カルコンは明日葉の茎や葉を切った時ににじみでてくる黄色の汁に含まれている。タカラバイオが血糖値効果作用を発見したカルコンは、「キサントアンゲロール」と「4-ハイドロキシデリシン」と呼ばれる物質で、明日葉以外の植物にはほとんど含まれていないとされる。

 糖尿病自然発症マウスを使った動物実験では、上記2種類のカルコン類を経口投与することにより、糖尿病発症前、発症後のどちらでも血糖降下作用を発揮し、予防効果と治療効果を示唆する実験結果を得た。

 同社ではマウスの前駆脂肪細胞株を用いた試験管内実験で、明日葉中に前駆脂肪細胞の分化を促進する作用やグルコース取り込み活性などインスリン様の活性を持つ物質があることを発見し、日本農芸化学会で報告している。

 経口インスリン様物質の存在が確認できたことから、タカラバイオでは、糖尿病や合併症の予防・治療効果を持つ食品などの開発に意欲を見せている。

 タカラバイオのプレスリリースはこちらを参照。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:544
  2. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  3. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:2
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:211
  5. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:431
  6. てんかん治療薬の使い方はここに注意! 2017年2月号特集◎抗てんかん薬Update FBシェア数:25
  7. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:172
  8. 鳴り響くアラーム音とPHS DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:5
  9. 前立腺生検の対象はMRIでトリアージするべき Lancet誌から FBシェア数:81
  10. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1051