2004.09.09

タカラバイオ、明日葉に2種類の血糖値低下もたらす物質を発見

 タカラバイオは9月8日、明日葉に豊富に含まれるカルコンという物質に、血糖値低下をもたらす作用があることを発見したと発表した。カルコンは明日葉の茎や葉を切った時ににじみでてくる黄色の汁に含まれている。タカラバイオが血糖値効果作用を発見したカルコンは、「キサントアンゲロール」と「4-ハイドロキシデリシン」と呼ばれる物質で、明日葉以外の植物にはほとんど含まれていないとされる。

 糖尿病自然発症マウスを使った動物実験では、上記2種類のカルコン類を経口投与することにより、糖尿病発症前、発症後のどちらでも血糖降下作用を発揮し、予防効果と治療効果を示唆する実験結果を得た。

 同社ではマウスの前駆脂肪細胞株を用いた試験管内実験で、明日葉中に前駆脂肪細胞の分化を促進する作用やグルコース取り込み活性などインスリン様の活性を持つ物質があることを発見し、日本農芸化学会で報告している。

 経口インスリン様物質の存在が確認できたことから、タカラバイオでは、糖尿病や合併症の予防・治療効果を持つ食品などの開発に意欲を見せている。

 タカラバイオのプレスリリースはこちらを参照。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング最終結果、市中病院人気が再び加速 【2017年度】フルマッチ校は11校、東京医科歯科大は5年連続 FBシェア数:253
  2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:418
  3. ベルソムラは就寝前に飲んじゃダメ!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:127
  4. スタチン:首位クレストールにリピトールが迫る NMO処方サーベイ FBシェア数:3
  5. 単回使用医療機器に関する通知が揺れたワケ 短期集中連載◎どう読む?医療機器の再使用に関する通知(1) FBシェア数:17
  6. 新禁煙宣言、禁煙指導の技能が専門医資格要件に 学会トピック◎第40回日本高血圧学会総会 FBシェア数:151
  7. 交替時間のオーラ 病院珍百景 FBシェア数:9
  8. 腸管透過性亢進に関連する疾患にルビプロストンが有… 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:2
  9. 患者の言葉を“翻訳”するための質問 患者の心を開くメディカル・サポート・コーチング塾 FBシェア数:2
  10. 診療所の運動器リハ、意外だった査定の理由は? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:92