2004.09.08

信友 浩一氏〔九州大学大学院医療システム学教室教授〕

○がん専門医の育成は、一定以上の症例数を持つ病院で。
○がん治療の副作用対策のため、血液分野、感染対策、循環器病に強い病院になる。
○がん専門医は自ら経験症例の開示を。

■問1
「均てん化」(全国どこでも質の高いがん治療を受けられる)という観点から、現在のがん診療体制に関する評価をお聞かせください。(一つ選択)
答〔4:欠点も多少ある。:格差があると言う情報が出せない診療体制が、先ずは、問題である。〕

■問2
「がん均てん化検討会」で主要議題となる下記の6つの項目に関して、お考えやご意見があればお教えください。

2-1:がん医療における地域の実態と格差を生み出している要因
答〔専門医の間の相互認証システムがない、すなわち、自称がん専門医が存在するだけ。〕

2-2:がん専門医等の育成
答[ナショナルセンター(国立ガンセンター)など一定症例数を持っている病院でのみ育成を許す。〕

2-3:国、ブロック、都道府県(三次医療圏)、二次医療圏における各がん専門医療機関の役割分担を踏まえたネットワーク体制の整備
答〔上記病院で育成された医師でネットワークを形成させる。〕

2-4:上記3を踏まえたがん専門医等の人材交流(派遣・受け入れの促進)
答〔当然である。ただしがん専門医は、副作用が出やすい血液・感染・循環器病には弱くその副作用でガン患者さんを死亡させやすいので、その領域との人事交流も必要である。〕

2-5:地域におけるがん専門医等の確保
答〔首長が確保したいかどうかの決断次第。その結果として専門医の集中が可能となる。〕

2-6:地域がん診療拠点病院制度のあり方
答〔上記3で対応させる。〕

■問3
上記以外で、日ごろより現在のがん診療体制の問題点であるとお考えになっている点、またその改善案などについてお教えください。

答〔がん専門医(自称)ごとに経験症例リストを自ら作成し医師間に公表してもらう。〕

■その他、がん診療に関して何かご意見などあれば

答〔がん早期診断体制および終末期医療体制にも言及を! 原則治らない病気なのだから。均てん化でがんへの恐怖感がなくなる? がんで死なないで済む? どのような死に方ができるの?〕

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:7
  2. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:12
  3. 息子が中学受験、それでも地方に転職した医師の決断 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:7
  4. 今年の大学医学部入試の問題から(その2) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:12
  5. 画像診断報告書の確認漏れが起こる理由 リポート◎指摘の見落とし、連携不足、多忙など改善点は多く FBシェア数:222
  6. 山形県の麻疹感染で3次感染例を確認、研修医も感染 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:174
  7. その免疫療法、本当に推奨できますか? トレンド◎あらゆる癌免疫療法に言及した日本初のガイドライン発行 FBシェア数:432
  8. これで確定申告できるの? 頼りない税理士に怒り 開業の落とし穴 FBシェア数:2
  9. 日本人NVAFのための脳梗塞リスクスコア開発 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:109
  10. 医師国試の合格率は88.7%、大学別合格率は? 8533人の新医師が誕生、合格率は90%を切る FBシェア数:1976