2004.09.08

祖父江 友孝氏〔国立がんセンター がん予防・検診研究センター 情報研究部部長〕

○成績格差や均てん化という前に、まず現状把握を。
○全国ブロック別の基幹病院に教育・研修機能を持たせよう。
○大学医局人事を超えて人材を交流させる。

■問1
「均てん化」(全国どこでも質の高いがん治療を受けられる)という観点から、現在のがん診療体制に関する評価をお聞かせください。(一つ選択)
答〔実態がわからないので何とも言えない。〕

■問2
「がん均てん化検討会」で主要議題となる下記の6つの項目に関して、お考えやご意見があればお教えください。

2-1:がん医療における地域の実態と格差を生み出している要因
答〔まずは、地域の実態を正確に把握し、格差があるのかをデータに基づいて検討することが先決。〕

2-2:がん専門医等の育成
答〔国立がんセンター以外に、全国ブロック別に基幹機関拠点病院をおいて、がん専門医等の教育・研修を行う。腫瘍登録士についても同様。〕

2-3:国、ブロック、都道府県(三次医療圏)、二次医療圏における各がん専門医療機関の役割分担を踏まえたネットワーク体制の整備
答〔診療・研究の両面から推進する必要あり〕

2-4:上記3を踏まえたがん専門医等の人材交流(派遣・受入れの促進)
答〔大学医局人事を超えた人事交流のための人材確保〕

2-5:地域におけるがん専門医等の確保
答〔同上〕

2-6:地域がん診療拠点病院制度のあり方
答え〔保険点数加算など、経済的インセンティブが必要〕

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 50歳代男性。咳、痰、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:4
  3. 今年の大学医学部入試の問題から(その2) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1
  4. 山形県の麻疹感染が拡大、埼玉県や宮城県でも患者確… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:288
  5. 最も長い名前の呼吸器疾患 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:8
  6. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:11
  7. 画像診断報告書の確認漏れが起こる理由 リポート◎指摘の見落とし、連携不足、多忙など改善点は多く FBシェア数:202
  8. 血中トランス脂肪酸高値は日本人でもCVリスク 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:202
  9. 地域医療構想の未来とお座敷遊び「とらとら」と 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:0
  10. ガイドライン外来診療◆貧血 ガイドライン外来診療 FBシェア数:0