2004.09.08

祖父江 友孝氏〔国立がんセンター がん予防・検診研究センター 情報研究部部長〕

○成績格差や均てん化という前に、まず現状把握を。
○全国ブロック別の基幹病院に教育・研修機能を持たせよう。
○大学医局人事を超えて人材を交流させる。

■問1
「均てん化」(全国どこでも質の高いがん治療を受けられる)という観点から、現在のがん診療体制に関する評価をお聞かせください。(一つ選択)
答〔実態がわからないので何とも言えない。〕

■問2
「がん均てん化検討会」で主要議題となる下記の6つの項目に関して、お考えやご意見があればお教えください。

2-1:がん医療における地域の実態と格差を生み出している要因
答〔まずは、地域の実態を正確に把握し、格差があるのかをデータに基づいて検討することが先決。〕

2-2:がん専門医等の育成
答〔国立がんセンター以外に、全国ブロック別に基幹機関拠点病院をおいて、がん専門医等の教育・研修を行う。腫瘍登録士についても同様。〕

2-3:国、ブロック、都道府県(三次医療圏)、二次医療圏における各がん専門医療機関の役割分担を踏まえたネットワーク体制の整備
答〔診療・研究の両面から推進する必要あり〕

2-4:上記3を踏まえたがん専門医等の人材交流(派遣・受入れの促進)
答〔大学医局人事を超えた人事交流のための人材確保〕

2-5:地域におけるがん専門医等の確保
答〔同上〕

2-6:地域がん診療拠点病院制度のあり方
答え〔保険点数加算など、経済的インセンティブが必要〕

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:467
  2. 日野原先生からいただいた二つの“謎”の言葉 佐藤綾子氏(ハリウッド大学院大学客員教授)に聞く FBシェア数:2
  3. 看護師がI.C.に同席し患者の理解をサポート 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編3》 FBシェア数:14
  4. 主訴「ちんちん痒い」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:170
  5. 三環系抗うつ薬:うつ以外への処方も広がる NMO処方サーベイ FBシェア数:2
  6. 全身脱力の26歳男性の診断は? 徳田闘魂道場にようこそ〜国家試験と臨床との架け橋〜 FBシェア数:3
  7. 非専門領域の新薬、いつから使う? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:4
  8. 説明同意文書に死亡リスクを具体的に記載 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編2》 FBシェア数:62
  9. 裁判所が求めるインフォームド・コンセントとは 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:144
  10. 主治医は言い訳をせずに真実をしっかり伝えよ 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編1》 FBシェア数:146