2004.09.08

祖父江 友孝氏〔国立がんセンター がん予防・検診研究センター 情報研究部部長〕

○成績格差や均てん化という前に、まず現状把握を。
○全国ブロック別の基幹病院に教育・研修機能を持たせよう。
○大学医局人事を超えて人材を交流させる。

■問1
「均てん化」(全国どこでも質の高いがん治療を受けられる)という観点から、現在のがん診療体制に関する評価をお聞かせください。(一つ選択)
答〔実態がわからないので何とも言えない。〕

■問2
「がん均てん化検討会」で主要議題となる下記の6つの項目に関して、お考えやご意見があればお教えください。

2-1:がん医療における地域の実態と格差を生み出している要因
答〔まずは、地域の実態を正確に把握し、格差があるのかをデータに基づいて検討することが先決。〕

2-2:がん専門医等の育成
答〔国立がんセンター以外に、全国ブロック別に基幹機関拠点病院をおいて、がん専門医等の教育・研修を行う。腫瘍登録士についても同様。〕

2-3:国、ブロック、都道府県(三次医療圏)、二次医療圏における各がん専門医療機関の役割分担を踏まえたネットワーク体制の整備
答〔診療・研究の両面から推進する必要あり〕

2-4:上記3を踏まえたがん専門医等の人材交流(派遣・受入れの促進)
答〔大学医局人事を超えた人事交流のための人材確保〕

2-5:地域におけるがん専門医等の確保
答〔同上〕

2-6:地域がん診療拠点病院制度のあり方
答え〔保険点数加算など、経済的インセンティブが必要〕

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 50歳男性、夜中の意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  2. 85歳の癌患者に標準治療を行いますか? リポート◎高齢癌患者の治療適否は予後とQOLへの影響で判断 FBシェア数:118
  3. 食べられない高齢者にはこう介入する Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:128
  4. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:37
  5. 「学会の指針を転載したら金を払え」は正当か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:65
  6. 幻のダイヤモンド聴診器 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:8
  7. 医療保険より100倍マシ! 学資保険の選び方 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:19
  8. その図表、そんなタイトルじゃ伝わりませんよ 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:26
  9. 麻疹の1例目はブラリとやってくる 学会トピック◎第92回日本感染症学会・第66回日本化学療法学会 FBシェア数:334
  10. 大阪北部で地震発生! 救急医の1日 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:159
医師と医学研究者におすすめの英文校正