2004.09.08

堺 常雄氏(聖隷浜松病院院長)

○「自分でやらず専門医に任せる」という意識を医師の間に浸透させよう。
○学会が多すぎる。統一して専門医教育に当たろう。
○がん診療に対する診療報酬上の加算が必要。

■問1
「均てん化」(全国どこでも質の高いがん治療を受けられる)という観点から、現在のがん診療体制に関する評価をお聞かせください。(一つ選択)
答〔5 “質の高いがん治療”の定義が明確ではないが問題点、欠点、課題はかなりある。課題だらけというわけではない。〕

■問2
「がん均てん化検討会」で主要議題となる下記の6つの項目に関して、お考えやご意見があればお教えください。

2-1:がん医療における地域の実態と格差を生み出している要因
答〔地域格差は存在すると思う。がん医療に限らず医療全般についていえるのだが、地域による問題意識の差(医療者、利用者、行政)とインフラ整備の差によるものと思われる。
幾つか考えられる要因を列挙する。
・大学中心の医療(大学とがんセンター、地域がん診療拠点病院との力関係)
・医師中心の医療(チーム医療の未成熟:地域による成熟度の違い)
・がん治療についての標準化の進行度の違い
・情報収集、分析、開示の進行度の違い
・診断・治療機器導入の地域によるばらつき(例:マンモグラフィー)〕

2-2:がん専門医等の育成
答〔日本ではオンコロジー(腫瘍学)がまだ診療体制として確立されていない。
・定員を定めた、内容のある研修プログラムを作成して専門医教育を行う必要がある
・一般専門各科の意識を変える必要あり:自分たちはプライマリからターミナルまで診れると思っている
・がんの診療には専門医が必要という考えを広める
・がんに関する学会が多すぎるので統一して専門医教育に当たる〕

2-3:国、ブロック、都道府県(三次医療圏)、二次医療圏における各がん専門医療機関の役割分担を踏まえたネットワーク体制の整備
答〔果たすべき役割、評価されるべき成果、整備すべきハード・ソフト、診療報酬上の位置付けを含めた包括的な整備を行うべきである。
・大学、学会との関係を明確にする
・連携はデータ収集だけではないトータルな連携とする
・研究(臨床研究を含める)、治験の関わりを明確にする
・連携は目に見える形で、地域住民にその成果が分かるようにする:例えばがん検診など
・情報公開を行う〕

2-4:上記3を踏まえたがん専門医等の人材交流(派遣・受け入れの促進)
答〔がんセンター、拠点病院などの交流は不可欠である。
・専門医研修、継続学習を通してセンターとの交流が望ましい
・医師だけではなくチーム医療として関わるあらゆる職種の交流が必要〕

2-5:地域におけるがん専門医等の確保
答〔学問的、社会的、経済的なインセンティブが必要である。
・専門医の中でも役割分担があっても良い:将来、国立センターで研究に従事するもの、県のセンターで高度医療を行うもの、拠点病院で一般がん診療を行うもの等。
・ガイドラインの確立:専門医でなければできないこと、専門医でなくてもできることを明確にすることによりマンパワー確保につなげる
・チームとして専門医と一緒に仕事をするスタッフの研修強化:IT を積極的に利用する
・がん診療に対する保険診療上の配慮〕

2-6:地域がん診療拠点病院制度のあり方
答〔拠点病院の性格・役割、がんセンターとの関係等を明確にする。センターは急性期・高機能診療を行い、拠点病院は以下のようなことを行う。
・ゲート・キーパーの役割
・一般的な治療:化学療法、放射線療法等
・緩和ケア・在宅ケアへの積極的関わり:精神的、社会的サポートを含める
・チーム診療の確立
・地域との密接な関わり:患者・家族、診療所、一般病院
・拠点病院の第三者評価も必要〕

■問3
上記以外で、日ごろより現在のがん診療体制の問題点であるとお考えになっている点、またその改善案などについてお教えください。

答〔診断とか治療に関して医師がかかわるところは注目を集めており整備も難しくないが、周辺部分の整備が必要と考える。例えば、看護師、臨床心理士、MSW、ボランティア等の整備が大切である。がん治療をトータルで考えれば、彼らの果たす役割は大変重要である。それから利用者のニーズは十分に把握して、それに添った形の診療体制を構築する必要がある。〕

■その他、がん診療に関して何かご意見などあれば

答〔・海外で認められている薬物、治療法の速やかな導入・実情に見合った保険診療上の考慮・治験のさらなる推進・代替医療、民間医療をどう捉えるか〕

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1641
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:160
  3. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:106
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:61
  6. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  7. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:183
  8. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  9. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:168
  10. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:48