2004.09.07

カスピ海ヨーグルトはお腹の調子やお肌を整える、フジッコが科学的に検証

 食品メーカーのフジッコは、カスピ海ヨーグルト純正種菌「クレモリス菌FC株」を用いた2つの共同研究により、整腸作用や感染症に対する免疫の増強、ストレスによる肌の障害などに有効であることを検証した。研究成果は9月2日、3日に岩手県で開始された日本食品科学工学会で発表した。

 京都大学名誉教授の家森幸男氏らとの共同研究では、70人の健康な高齢者を2群に分け、クレモリス菌と対照菌で作成した発酵乳に豆乳20%を加えた試験飲料と対照飲料を1カ月間ずつ、1カ月のウオッシュアウト(休息)期間をはさんで毎日投与した。

 その結果、試験飲料群、対象飲料群ともに非摂取期に比べて排便量が有意に増加し、試験飲料群のみ、排便日数も有意に増加した。両群ともNK細胞活性が有意に上昇し、試験飲料群ではIgEが有意に低下した。

 さらに静岡県立大学薬学部の石田均司氏との共同研究では、クレモリス菌FC株とAcetobactor orientaris(FA)株による混合発酵物と、FC株と他の3種の乳酸菌による4種類の牛乳発酵物の計5種類を凍結乾燥粉末とし、ストレスを負荷したマウスに投与した。

 その結果、FC株+FA株発酵物とFA株発酵物はストレス負荷による皮膚血流の低下を普通飼料投与群に比べて有意に改善した。また、FC株+FA株発酵物はストレス負荷による皮膚のバリアー回復(皮膚障害後の回復力)遅延を有意に改善したという。

 フジッコのプレスリリースは、こちらで参照できる。(中沢真也)


■お知らせ■
メールマガジンの登録を受付中です。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 63歳女性。手指と足首の痛みを伴う皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 不安になると救急外来にやってくる認知症患者 はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:16
  3. 実態と乖離、ずさんな開業計画書に要注意 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  4. 患者を「監視」していないか? 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:42
  5. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:136
  6. 医師への時間外労働規制の適用は5年後に 政府が「働き方改革実行計画」を決定 FBシェア数:131
  7. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:70
  8. 第102回薬剤師国試の合格率は71.58% 9479人の薬剤師が誕生、新卒合格率は85.06% FBシェア数:619
  9. アブレーション時のダビガトラン継続投与を評価 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎REPORT FBシェア数:80
  10. 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:335