2004.09.07

カスピ海ヨーグルトはお腹の調子やお肌を整える、フジッコが科学的に検証

 食品メーカーのフジッコは、カスピ海ヨーグルト純正種菌「クレモリス菌FC株」を用いた2つの共同研究により、整腸作用や感染症に対する免疫の増強、ストレスによる肌の障害などに有効であることを検証した。研究成果は9月2日、3日に岩手県で開始された日本食品科学工学会で発表した。

 京都大学名誉教授の家森幸男氏らとの共同研究では、70人の健康な高齢者を2群に分け、クレモリス菌と対照菌で作成した発酵乳に豆乳20%を加えた試験飲料と対照飲料を1カ月間ずつ、1カ月のウオッシュアウト(休息)期間をはさんで毎日投与した。

 その結果、試験飲料群、対象飲料群ともに非摂取期に比べて排便量が有意に増加し、試験飲料群のみ、排便日数も有意に増加した。両群ともNK細胞活性が有意に上昇し、試験飲料群ではIgEが有意に低下した。

 さらに静岡県立大学薬学部の石田均司氏との共同研究では、クレモリス菌FC株とAcetobactor orientaris(FA)株による混合発酵物と、FC株と他の3種の乳酸菌による4種類の牛乳発酵物の計5種類を凍結乾燥粉末とし、ストレスを負荷したマウスに投与した。

 その結果、FC株+FA株発酵物とFA株発酵物はストレス負荷による皮膚血流の低下を普通飼料投与群に比べて有意に改善した。また、FC株+FA株発酵物はストレス負荷による皮膚のバリアー回復(皮膚障害後の回復力)遅延を有意に改善したという。

 フジッコのプレスリリースは、こちらで参照できる。(中沢真也)


■お知らせ■
メールマガジンの登録を受付中です。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 向精神薬になったデパス、処方はどうする? トレンド◎ベンゾジアゼピン系薬の安易な処方に警鐘 FBシェア数:1279
  2. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:178
  3. JTに異例の反論を出した国がんが抱く危機感 Cadetto通信 FBシェア数:121
  4. 開業4年目の私が医院経営の勉強会を作ったわけ 診療所マネジメント実践記 FBシェア数:45
  5. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:232
  6. 国主導で『抗菌薬適正使用の手引き』作成へ 政府の薬剤耐性対策アクションプランが始動 FBシェア数:19
  7. 真面目ちゃんが燃え尽きるとき 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:193
  9. 医師にも多い? 過敏性腸症候群(IBS)型便秘 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:344
  10. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0