2004.09.07

カスピ海ヨーグルトはお腹の調子やお肌を整える、フジッコが科学的に検証

 食品メーカーのフジッコは、カスピ海ヨーグルト純正種菌「クレモリス菌FC株」を用いた2つの共同研究により、整腸作用や感染症に対する免疫の増強、ストレスによる肌の障害などに有効であることを検証した。研究成果は9月2日、3日に岩手県で開始された日本食品科学工学会で発表した。

 京都大学名誉教授の家森幸男氏らとの共同研究では、70人の健康な高齢者を2群に分け、クレモリス菌と対照菌で作成した発酵乳に豆乳20%を加えた試験飲料と対照飲料を1カ月間ずつ、1カ月のウオッシュアウト(休息)期間をはさんで毎日投与した。

 その結果、試験飲料群、対象飲料群ともに非摂取期に比べて排便量が有意に増加し、試験飲料群のみ、排便日数も有意に増加した。両群ともNK細胞活性が有意に上昇し、試験飲料群ではIgEが有意に低下した。

 さらに静岡県立大学薬学部の石田均司氏との共同研究では、クレモリス菌FC株とAcetobactor orientaris(FA)株による混合発酵物と、FC株と他の3種の乳酸菌による4種類の牛乳発酵物の計5種類を凍結乾燥粉末とし、ストレスを負荷したマウスに投与した。

 その結果、FC株+FA株発酵物とFA株発酵物はストレス負荷による皮膚血流の低下を普通飼料投与群に比べて有意に改善した。また、FC株+FA株発酵物はストレス負荷による皮膚のバリアー回復(皮膚障害後の回復力)遅延を有意に改善したという。

 フジッコのプレスリリースは、こちらで参照できる。(中沢真也)


■お知らせ■
メールマガジンの登録を受付中です。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 病室でトコジラミ発見!入院患者をどう守る? リポート◎患者への被害を寸前で防いだ信州大学病院の危機対応 FBシェア数:182
  2. 57歳男性。息切れ 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  3. 心筋梗塞を自力で治療し搬送された看護師の話 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:163
  4. 7%の減量で本当に脂肪肝が治るか検証してみた 記者の眼 FBシェア数:126
  5. 大人の自閉スペクトラム症は第二の新型うつ病? 宮岡等の「精神科医のひとりごと」 FBシェア数:156
  6. 新専門医制度、期待と不安の中で8400人が船出 特集◎走り出した新専門医制度《プロローグ》 FBシェア数:27
  7. 糖尿病治療のEvidence-Based Med… 糖尿病治療のエビデンス FBシェア数:51
  8. サブスペシャリティー専門医はどう取るの? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-1》 FBシェア数:50
  9. 精神科単科病院を取り巻く差別の可視化 その死に誰が寄り添うか−精神科単科病院にて FBシェア数:53
  10. 患者さんの死で気づいた診療所の役割 うさコメント! FBシェア数:27
医師と医学研究者におすすめの英文校正