2004.09.07

中外製薬、臨床研究の効率化目指し、東京に臨床研究センターを設立

 中外製薬は9月6日、100%出資の子会社として、日米欧3極の臨床開発を統括するグローバルセンター機能を持つ「中外臨床研究センター」を新たに設立、今年10月1日から営業開始すると発表した。

 主な機能は、全世界における臨床開発の統計解析やデータマネジメント、臨床薬理、GCP管理と国内モニタリングを実施する。業務集約化により、効率化と低コスト化を狙う。資本金は5000万円、社長は中外製薬執行役員の庄司孝市氏。設立時は中外製薬からの出講社員50人程度と契約社員で運営する。

 中外製薬のプレスリリースはこちらで閲覧できる。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:45
  2. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:49
  3. 死亡診断「肺炎」の7割が直接の死因は衰弱や老衰 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:119
  4. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  5. 高齢者肺炎の嚥下機能を簡単に評価できるスケール開… 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:143
  6. 「施設」ってこんなに種類があるの!? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:50
  7. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:6
  8. 3点だけ押さえたい、新研修医・ナースへの接し方 迷走外科医のこじらせ幸福論 FBシェア数:6
  9. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:30
  10. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1