2004.09.07

セサミンで更年期障害女性の自律神経機能と血管弾力性改善、サントリーが確認

 サントリーはこのほど、ゴマに含まれる抗酸化物質であるセサミンが、更年期障害を持つ女性の自律神経機能と血管弾力性の改善に有用であることが明らかになったと発表した。サントリー健康科学研究所と京都大学人間・環境学研究科、池下レディースクリニックの共同研究による成果で、8月26日、27日に名古屋で開催された日本人間ドック学会で、同社健康科学研究所の小野佳子氏が報告した。

 研究グループは更年期障害の症状を有する女性14人を2群に分け、1つの群にはセサミンを含むカプセル剤(商品名は「セサミンE」、3カプセルあたりセサミン10mg、ビタミンE60mg)を1日3カプセル、他方の群にはプラセボ同量をそれぞれ4週間継続して摂取させた。

 その結果、プラセボ群では開始時と終了時の比較で有意な変化は見られなかったのに対し、セサミン投与群では副交感神経活動と血管弾力性について、試験開始時に比べ終了時に有意な改善が認められた。

 セサミンはゴマ中に0.5%程度含まれるリグナン化合物と呼ばれる物質で、抗酸化作用のほか、肝臓保護作用、コレステロール低下作用、癌発生抑制作用などがあることが報告されているという。

 サントリーのプレスリリースは、こちらまで。(中沢真也)


■お知らせ■
メールマガジンの登録を受付中です。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:467
  2. 日野原先生からいただいた二つの“謎”の言葉 佐藤綾子氏(ハリウッド大学院大学客員教授)に聞く FBシェア数:2
  3. 看護師がI.C.に同席し患者の理解をサポート 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編3》 FBシェア数:14
  4. 主訴「ちんちん痒い」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:170
  5. 三環系抗うつ薬:うつ以外への処方も広がる NMO処方サーベイ FBシェア数:2
  6. 全身脱力の26歳男性の診断は? 徳田闘魂道場にようこそ〜国家試験と臨床との架け橋〜 FBシェア数:3
  7. 非専門領域の新薬、いつから使う? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:4
  8. 説明同意文書に死亡リスクを具体的に記載 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編2》 FBシェア数:62
  9. 裁判所が求めるインフォームド・コンセントとは 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:144
  10. 主治医は言い訳をせずに真実をしっかり伝えよ 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編1》 FBシェア数:146