2004.09.06

心筋梗塞の危険因子は世界的に共通、52カ国を対象とするケース・コントロール研究で判明

 大規模な臨床試験「INTERHEART」によると、心筋梗塞の主な危険因子は、地理的、人種的な差や、年齢、性別に関わらず全世界共通であることを明らかになった。カナダの研究者たちは、詳細をLnacet誌電子版に9月3日に報告した。

 これまでに行われた、心筋梗塞の危険因子研究のほとんどが、先進国の住民を対象にしていた。そこで、国や人種の違いが危険因子に影響するかどうかを調べるための全世界的な臨床試験「INTERHEART」が、1999年2月から2003年3月まで実施された。

 対象となったのは、南極以外の全大陸をカバーする52カ国の患者1万5152人と対照群1万4820人だ。この標準化ケース・コントロール研究は、測定が簡単な9つの危険(または予防)因子の1回目の発作との関係に焦点を当てた。得られたオッズ比はそれぞれ、喫煙(2.87)、ApoB/ApoA1比の上昇(3.25)、高血圧(1.91)、糖尿病(2.37)、腹部肥満(1.12)、心理社会的要因(ストレス)(2.67)、野菜と果物の日常的な摂取(0.71)、週3回程度の適度な飲酒(0.91)、定期的運動(0.86)となった。これらの危険因子を用いれば、全世界の心筋梗塞症例の90%を予測できるという。

 得られた結果は、心筋梗塞予防には全世界共通の戦略が適用できることを示した。また、既存の予防措置を評価し、今後どんな研究が必要かを知るために有用なデータを与えたといえる。

 論文のタイトルは「Effect of potentially modifiable risk factors
associated with myocardial infarction in 52 countries (the INTERHEART
study): case-control study」、現在全文がこちら
(pdfファイル)で閲覧できる。(大西淳子、医学ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. “根室の奇跡” 耐性肺炎球菌を減らせた秘策 事例研究◎抗菌薬を適切に使えば必ず地域社会を変えられる FBシェア数:177
  2. 59歳女性。めまい 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 医者だとバレたくない うさコメント! FBシェア数:10
  4. レーシックの欠点補う近視矯正手術SMILE リポート◎第三の視力矯正手術の実力は? FBシェア数:145
  5. 保険者の突合点検で発覚した検査料の誤請求 あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:34
  6. 塩野義製薬の新規抗インフルエンザ薬、第3相臨床試… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:250
  7. 俺はいたって元気なんだけどなあ〜 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:27
  8. 83歳男性。両下肢の脱力 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. 抗菌薬使用最適化にクリニカルパス見直しが効く 事例研究◎院内で活躍する感染制御部 FBシェア数:94
  10. 皮膚膿瘍は切開排膿後の抗菌薬で治癒率上昇 NEJM誌から FBシェア数:2