2004.09.06

心筋梗塞の危険因子は世界的に共通、52カ国を対象とするケース・コントロール研究で判明

 大規模な臨床試験「INTERHEART」によると、心筋梗塞の主な危険因子は、地理的、人種的な差や、年齢、性別に関わらず全世界共通であることを明らかになった。カナダの研究者たちは、詳細をLnacet誌電子版に9月3日に報告した。

 これまでに行われた、心筋梗塞の危険因子研究のほとんどが、先進国の住民を対象にしていた。そこで、国や人種の違いが危険因子に影響するかどうかを調べるための全世界的な臨床試験「INTERHEART」が、1999年2月から2003年3月まで実施された。

 対象となったのは、南極以外の全大陸をカバーする52カ国の患者1万5152人と対照群1万4820人だ。この標準化ケース・コントロール研究は、測定が簡単な9つの危険(または予防)因子の1回目の発作との関係に焦点を当てた。得られたオッズ比はそれぞれ、喫煙(2.87)、ApoB/ApoA1比の上昇(3.25)、高血圧(1.91)、糖尿病(2.37)、腹部肥満(1.12)、心理社会的要因(ストレス)(2.67)、野菜と果物の日常的な摂取(0.71)、週3回程度の適度な飲酒(0.91)、定期的運動(0.86)となった。これらの危険因子を用いれば、全世界の心筋梗塞症例の90%を予測できるという。

 得られた結果は、心筋梗塞予防には全世界共通の戦略が適用できることを示した。また、既存の予防措置を評価し、今後どんな研究が必要かを知るために有用なデータを与えたといえる。

 論文のタイトルは「Effect of potentially modifiable risk factors
associated with myocardial infarction in 52 countries (the INTERHEART
study): case-control study」、現在全文がこちら
(pdfファイル)で閲覧できる。(大西淳子、医学ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:120
  2. 10歳男児。頭痛、嘔吐、けいれん 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  3. このままだと働き方はどんどんブラックになるよ? 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:52
  4. 原因不明の慢性痛、その原因は医師の思考停止 「こじらせ疼痛」にどう向き合う FBシェア数:41
  5. 日中で異なる高血圧基準値変更へのスタンス 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:17
  6. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:26
  7. 患者トラブルの背後に隠れていた「虐待」 なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:20
  8. 覚醒下心臓手術は新たな選択肢となり得るか? リポート◎日本初、局所麻酔下での心臓弁手術が成功 FBシェア数:353
  9. ルーチンの読影手順 正常構造をまず確認 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:34
  10. 70歳代男性。検診の胸部X線 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正