2004.09.06

心筋梗塞の危険因子は世界的に共通、52カ国を対象とするケース・コントロール研究で判明

 大規模な臨床試験「INTERHEART」によると、心筋梗塞の主な危険因子は、地理的、人種的な差や、年齢、性別に関わらず全世界共通であることを明らかになった。カナダの研究者たちは、詳細をLnacet誌電子版に9月3日に報告した。

 これまでに行われた、心筋梗塞の危険因子研究のほとんどが、先進国の住民を対象にしていた。そこで、国や人種の違いが危険因子に影響するかどうかを調べるための全世界的な臨床試験「INTERHEART」が、1999年2月から2003年3月まで実施された。

 対象となったのは、南極以外の全大陸をカバーする52カ国の患者1万5152人と対照群1万4820人だ。この標準化ケース・コントロール研究は、測定が簡単な9つの危険(または予防)因子の1回目の発作との関係に焦点を当てた。得られたオッズ比はそれぞれ、喫煙(2.87)、ApoB/ApoA1比の上昇(3.25)、高血圧(1.91)、糖尿病(2.37)、腹部肥満(1.12)、心理社会的要因(ストレス)(2.67)、野菜と果物の日常的な摂取(0.71)、週3回程度の適度な飲酒(0.91)、定期的運動(0.86)となった。これらの危険因子を用いれば、全世界の心筋梗塞症例の90%を予測できるという。

 得られた結果は、心筋梗塞予防には全世界共通の戦略が適用できることを示した。また、既存の予防措置を評価し、今後どんな研究が必要かを知るために有用なデータを与えたといえる。

 論文のタイトルは「Effect of potentially modifiable risk factors
associated with myocardial infarction in 52 countries (the INTERHEART
study): case-control study」、現在全文がこちら
(pdfファイル)で閲覧できる。(大西淳子、医学ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. アロハに仮装…あえて道化を演じる病院長の思い 記者リポート FBシェア数:244
  2. 労基署に踏み込まれる前に医療界がすべきこと 全国自治体病院協議会会長の邉見公雄氏に聞く FBシェア数:653
  3. 肺野陰影の濃度差はなぜ生じるのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
  4. 米高血圧ガイドライン改訂、基準値130/80に 学会トピック◎第66回米国心臓協会学術集会(AHA2017) FBシェア数:81
  5. 初期臨床研修のローテ、7科必修に戻るらしいよ 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:23
  6. ARB:アジルバ躍進、オルメテック抜き首位に NMO処方サーベイ FBシェア数:2
  7. 画像の異常所見は肉眼でも見てみよう! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:0
  8. 「骨盤矯正」「肩甲骨剥がし」って何なんだ? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:773
  9. 休みがちな職員の影響で負担増大、院長も苦慮 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:42
  10. 72歳女性。左下肢痛、何を想起すべき? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:2