2004.09.06

ノエビア、米国産植物に皮膚細胞のアンチエイジング作用を発見

 ノエビアは、米国フロリダ州の亜熱帯気候地域に生息するパイナップル科の植物「スパニッシュモス」に、老化した皮膚細胞の機能低下を防ぐ作用や、過酸化脂質による皮膚毛細血管の内皮細胞の障害を保護する作用などがあることを発見した。研究成果は9月9日、10日に神戸で開催される日本生薬学会で発表する。

 スパニッシュモスは木の枝に付着して育つエアープランツの一種で、分析の結果、フラボノイド類やトリテルペノイド類などの有用物質を含むことが分かった。培養ヒト表皮角化細胞やヒト真皮線維芽細胞にこのスパニッシュモスから抽出したエキスを添加したところ、強い細胞賦活化作用が認められらほか、培養マウスメラノーマのメラニン産生抑制作用や活性酸素消去作用が明らかになった。またヒト皮膚微小血管内皮細胞に対しては、細胞賦活作用と過酸化脂質による障害の保護作用が認められた。

 こうした実験結果からノエビアでは、スパニッシュモスには、老化した皮膚細胞の機能低下を抑制し、毛細血管を強化・保護して肌を美しく健康に保つ作用が期待できるとしている。同社では2005年初頭をめどに発売する基礎化粧品にこの研究成果を応用する計画だ。

 ノエビアのプレスリリースはこちらで閲覧できる。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:294
  2. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:13
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:257
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:4
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:39
  8. 安定狭心症へのPCI、症状改善に有意差認めず 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:0
  9. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  10. インフルエンザウイルスの抗原変異は予測可能 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《Interview》 FBシェア数:3