2004.09.06

ノエビア、米国産植物に皮膚細胞のアンチエイジング作用を発見

 ノエビアは、米国フロリダ州の亜熱帯気候地域に生息するパイナップル科の植物「スパニッシュモス」に、老化した皮膚細胞の機能低下を防ぐ作用や、過酸化脂質による皮膚毛細血管の内皮細胞の障害を保護する作用などがあることを発見した。研究成果は9月9日、10日に神戸で開催される日本生薬学会で発表する。

 スパニッシュモスは木の枝に付着して育つエアープランツの一種で、分析の結果、フラボノイド類やトリテルペノイド類などの有用物質を含むことが分かった。培養ヒト表皮角化細胞やヒト真皮線維芽細胞にこのスパニッシュモスから抽出したエキスを添加したところ、強い細胞賦活化作用が認められらほか、培養マウスメラノーマのメラニン産生抑制作用や活性酸素消去作用が明らかになった。またヒト皮膚微小血管内皮細胞に対しては、細胞賦活作用と過酸化脂質による障害の保護作用が認められた。

 こうした実験結果からノエビアでは、スパニッシュモスには、老化した皮膚細胞の機能低下を抑制し、毛細血管を強化・保護して肌を美しく健康に保つ作用が期待できるとしている。同社では2005年初頭をめどに発売する基礎化粧品にこの研究成果を応用する計画だ。

 ノエビアのプレスリリースはこちらで閲覧できる。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師の説明を無断録音、裁判の証拠になるのか? クリニック法律相談室 FBシェア数:262
  2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:247
  3. 感染研、麻疹発生で医療機関に注意喚起 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:189
  4. 若年男性の下腹部激痛ではパンツを脱がせろ! カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:20
  5. 甲状腺機能は低めの方が余命は長い JAMA Intern Med誌から FBシェア数:123
  6. 「一般的な勤務医は労働者」に議論の余地なし 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(前編) FBシェア数:255
  7. 電解質の良書 医学書ソムリエ FBシェア数:29
  8. 敗血症は治る病気です 特集◎あなたが救う敗血症《インタビュー》 FBシェア数:6
  9. 98%が「心不全患者の緩和ケアは必要」 学会トピック◎第21回日本心不全学会学術集会 FBシェア数:132
  10. 医師の働き方改革、今後の論点は大きく4項目 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(後編) FBシェア数:55