2004.09.06

ノエビア、米国産植物に皮膚細胞のアンチエイジング作用を発見

 ノエビアは、米国フロリダ州の亜熱帯気候地域に生息するパイナップル科の植物「スパニッシュモス」に、老化した皮膚細胞の機能低下を防ぐ作用や、過酸化脂質による皮膚毛細血管の内皮細胞の障害を保護する作用などがあることを発見した。研究成果は9月9日、10日に神戸で開催される日本生薬学会で発表する。

 スパニッシュモスは木の枝に付着して育つエアープランツの一種で、分析の結果、フラボノイド類やトリテルペノイド類などの有用物質を含むことが分かった。培養ヒト表皮角化細胞やヒト真皮線維芽細胞にこのスパニッシュモスから抽出したエキスを添加したところ、強い細胞賦活化作用が認められらほか、培養マウスメラノーマのメラニン産生抑制作用や活性酸素消去作用が明らかになった。またヒト皮膚微小血管内皮細胞に対しては、細胞賦活作用と過酸化脂質による障害の保護作用が認められた。

 こうした実験結果からノエビアでは、スパニッシュモスには、老化した皮膚細胞の機能低下を抑制し、毛細血管を強化・保護して肌を美しく健康に保つ作用が期待できるとしている。同社では2005年初頭をめどに発売する基礎化粧品にこの研究成果を応用する計画だ。

 ノエビアのプレスリリースはこちらで閲覧できる。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:544
  2. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  3. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:2
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:211
  5. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:431
  6. てんかん治療薬の使い方はここに注意! 2017年2月号特集◎抗てんかん薬Update FBシェア数:25
  7. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:172
  8. 鳴り響くアラーム音とPHS DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:5
  9. 前立腺生検の対象はMRIでトリアージするべき Lancet誌から FBシェア数:81
  10. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1051