2004.09.06

フランスで不法持ち込みの犬が狂犬病発症、接触者9人を捜索中

 いったん発症すればほぼ100%死亡する「死の感染症」である狂犬病に感染した犬が不法にフランス国内に持ち込まれ、発症・死亡した。フランス保健当局はこの犬と濃厚接触した9人の行方を追っている。世界保健機関(WHO)がフランス保健当局からの情報として、9月1日に発表した。

 この犬はアフリカ大陸北西部のモロッコから持ち込まれた4カ月のメスで、今年7月初旬、登録も狂犬病ワクチンの接種も行われないまま、不法にフランス国内に持ち込まれた。飼い主はボルドー市内在住で、8月18日にこの犬が狂犬病で発症、同月21日に死亡するまで、市内やフランス南西部を連れて回り、多くの人や犬などと接触した。中には何人かに噛みついたことも分かっている。

 保健当局は、既に数人の接触者を特定し、狂犬病の治療を施しているが、子どもを含む9人の濃厚接触者を捕捉できていないため、犬の特徴や接触の日時などを公表して、治療の呼びかけを急いでいる。

 狂犬病は狂犬病ウイルスによって発症する人獣共通感染症で、潜伏期間は約1カ月、発症すればほぼ100%死亡する。発症後の治療法はなく、感染の疑いがある場合は、狂犬病ワクチンと抗狂犬病グロブリン投与を行う。日本では1957年以来、40年間以上国内での発生はないが、WHOによれば、世界的にはいまだに年間3万5000人から5万人の命を奪っている。駆逐できているのは、日本やオーストラリアなどの他地域と海で遮断された数少ない地域だけで、南北アメリカ、欧州などでも駆逐しきれないでいるという。

 WHOのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:0
  2. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:0
  3. オペ時の血糖はやはり7%まで下げるべき? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:85
  4. 21歳女性、突然の腹痛の原因は心臓にあった! 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:35
  5. 日野原先生からいただいた二つの“謎”の言葉 佐藤綾子氏(ハリウッド大学院大学客員教授)に聞く FBシェア数:31
  6. 潰瘍性大腸炎に初の体外診断薬、その実力は? リポート◎再燃の早期発見に威力、内視鏡検査の頻度を減らす効果も FBシェア数:7
  7. 自分の家で、この子を抱きしめて川の字で寝たい 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:128
  8. Q.創閉鎖前のポビドンヨード洗浄は有効? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(3) FBシェア数:180
  9. 主訴「ちんちん痒い」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:176
  10. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:503