2004.09.06

フランスで不法持ち込みの犬が狂犬病発症、接触者9人を捜索中

 いったん発症すればほぼ100%死亡する「死の感染症」である狂犬病に感染した犬が不法にフランス国内に持ち込まれ、発症・死亡した。フランス保健当局はこの犬と濃厚接触した9人の行方を追っている。世界保健機関(WHO)がフランス保健当局からの情報として、9月1日に発表した。

 この犬はアフリカ大陸北西部のモロッコから持ち込まれた4カ月のメスで、今年7月初旬、登録も狂犬病ワクチンの接種も行われないまま、不法にフランス国内に持ち込まれた。飼い主はボルドー市内在住で、8月18日にこの犬が狂犬病で発症、同月21日に死亡するまで、市内やフランス南西部を連れて回り、多くの人や犬などと接触した。中には何人かに噛みついたことも分かっている。

 保健当局は、既に数人の接触者を特定し、狂犬病の治療を施しているが、子どもを含む9人の濃厚接触者を捕捉できていないため、犬の特徴や接触の日時などを公表して、治療の呼びかけを急いでいる。

 狂犬病は狂犬病ウイルスによって発症する人獣共通感染症で、潜伏期間は約1カ月、発症すればほぼ100%死亡する。発症後の治療法はなく、感染の疑いがある場合は、狂犬病ワクチンと抗狂犬病グロブリン投与を行う。日本では1957年以来、40年間以上国内での発生はないが、WHOによれば、世界的にはいまだに年間3万5000人から5万人の命を奪っている。駆逐できているのは、日本やオーストラリアなどの他地域と海で遮断された数少ない地域だけで、南北アメリカ、欧州などでも駆逐しきれないでいるという。

 WHOのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 自治体の権限強化で医師の地域偏在は解消するか リポート◎医師偏在対策に向けた医師法・医療法改正案が成立へ FBシェア数:30
  2. 24歳女性。全身の皮疹、発熱 日経メディクイズ●初期診療 FBシェア数:0
  3. ミッション:高齢患者の救急搬送を回避せよ 特集◎あなたが防ぐ急性増悪《プロローグ》 FBシェア数:115
  4. 「めまいの原因は何?」澄んだ心で耳を傾けよう 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:26
  5. 頭痛の問診を見れば医師の能力が分かる 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」 FBシェア数:84
  6. 遠隔画像診断を導入! 弱点は意外なところに 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:6
  7. 腎機能の検査の遅れが透析導入や死亡早めた 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:28
  8. 降圧目標の素案が示され活発な議論 学会トピック◎第7回臨床高血圧フォーラム FBシェア数:25
  9. 「これって労災ですよね」 腰痛の職員が院長に要求 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:50
  10. 40歳代女性の慢性心不全、何を疑うか? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正