2004.09.05

咽頭結膜熱は5週連続減少、腸管出血性大腸菌感染症は連続200例超す−−感染症週報第34週から

 国立感染症研究所の感染症情報センターが9月3日に公表した2004年第34週(8月16日〜8月22日)の感染症週報(感染症発生動向調査)によると、咽頭結膜熱の定点当たり報告数(1医療機関当たりの患者数)の全国平均値は第29週をピークに5週連続で減少し、0.49になった。しかし、依然として過去10年の同時期の最高値を上回る状況が続いている。都道府県別では福井県(1.5)、高知県(1.5)、宮崎県(1.4)が多い。

 第34週も腸管出血性大腸菌感染症の報告数が202例と多かった。都道府県では愛知県(16例)、東京都(14例)、大阪府(13例)、広島県(13例)が多かった。感染者のうち有症者は154例だった。

 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の定点当たり報告数の全国平均値は、第22週から11週連続して減少し、第33週には0.43になった。第34週も同値だった。例年、34週付近から年末にかけて増加に転じる傾向がある。都道府県別では鳥取県(1.3)、宮崎県(1.1)が多い。

 全数報告の対象となる感染症については以下の通り(8月26日集計分)。

 1類感染症:なし。
 2類感染症:コレラ1例、細菌性赤痢15例、腸チフス1例、パラチフス4例。
 3類感染症:腸管出血性大腸菌感染症202例(うち有症者154例)。
 4類感染症:デング熱1例、マラリア2例、ライム病1例、レジオネラ症2例。
 5類感染症:アメーバ赤痢7例、ウイルス性肝炎1例(C型)、クロイツフェルト・ヤコブ病3例(いずれも孤発性)、激症型溶血性レンサ球菌感染症2例、後天性免疫不全症候群16例(AIDS11例、無症候5例)、梅毒4例、破傷風1例、バンコマイシン耐性腸球菌感染症1例。

 詳しくは感染症発生動向調査週報まで(pdfファイル)。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 30代男性職員の母親から届いた理不尽な苦情 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:29
  2. 著名病院同士が合併、病院大再編時代の幕開け 記者の眼 FBシェア数:444
  3. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:5
  4. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:259
  5. 新設の国際医療福祉大医学部の人気は? リポート◎2017大学入試シーズンがスタート FBシェア数:9
  6. WELQと日経メディカルはどこが違うのか 記者の眼 FBシェア数:3
  7. 若手も半数は「ほとんどバイトせず」 Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  8. 「医療のことに口出しするな」怒られたケアマネ 医師が知らない介護の話 FBシェア数:481
  9. 肺癌診療ガイドライン改訂で議論が紛糾した3つのポ… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:106
  10. 同日入院の2人 DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:13