2004.09.05

咽頭結膜熱は5週連続減少、腸管出血性大腸菌感染症は連続200例超す−−感染症週報第34週から

 国立感染症研究所の感染症情報センターが9月3日に公表した2004年第34週(8月16日〜8月22日)の感染症週報(感染症発生動向調査)によると、咽頭結膜熱の定点当たり報告数(1医療機関当たりの患者数)の全国平均値は第29週をピークに5週連続で減少し、0.49になった。しかし、依然として過去10年の同時期の最高値を上回る状況が続いている。都道府県別では福井県(1.5)、高知県(1.5)、宮崎県(1.4)が多い。

 第34週も腸管出血性大腸菌感染症の報告数が202例と多かった。都道府県では愛知県(16例)、東京都(14例)、大阪府(13例)、広島県(13例)が多かった。感染者のうち有症者は154例だった。

 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の定点当たり報告数の全国平均値は、第22週から11週連続して減少し、第33週には0.43になった。第34週も同値だった。例年、34週付近から年末にかけて増加に転じる傾向がある。都道府県別では鳥取県(1.3)、宮崎県(1.1)が多い。

 全数報告の対象となる感染症については以下の通り(8月26日集計分)。

 1類感染症:なし。
 2類感染症:コレラ1例、細菌性赤痢15例、腸チフス1例、パラチフス4例。
 3類感染症:腸管出血性大腸菌感染症202例(うち有症者154例)。
 4類感染症:デング熱1例、マラリア2例、ライム病1例、レジオネラ症2例。
 5類感染症:アメーバ赤痢7例、ウイルス性肝炎1例(C型)、クロイツフェルト・ヤコブ病3例(いずれも孤発性)、激症型溶血性レンサ球菌感染症2例、後天性免疫不全症候群16例(AIDS11例、無症候5例)、梅毒4例、破傷風1例、バンコマイシン耐性腸球菌感染症1例。

 詳しくは感染症発生動向調査週報まで(pdfファイル)。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ガイドラインにはない認知症の薬物療法のコツ プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:77
  2. 膿のニオイをかぐのはNG? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:2
  3. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:244
  4. 医療事故調制度の「目的外使用」が続々明らかに ニュース追跡◎制度開始から1年、現場の理解はいまだ不十分 FBシェア数:35
  5. 救クリが研修先として適切か検証してみた 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:1
  6. 45歳男性。胸痛、冷汗 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. ニボルマブ薬価50%下げは厚労省判断だった 医療行政の舞台裏◎実は「官邸に押し切られた」のではなく… FBシェア数:1
  8. 医師国家試験を解答するAIの正体教えます トレンド◎人工知能が医療現場にやってくる FBシェア数:221
  9. 腸管アンモニア産生菌に対する肝性脳症治療薬 最新DIピックアップ FBシェア数:8
  10. 「肩や上腕のひどい疼痛」で見逃せない疾患は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:1