2004.09.03

余分な脂や塩分を減らすオーブン、300℃の水蒸気で加熱、ビタミンCの酸化も抑制

 水蒸気で食品を加熱することで、余分な脂や塩分を減らせるオーブンが登場した。シャープは9月1日、水蒸気加熱によるウォーターオーブン「ヘルシオ」を発売した。希望小売価格は12万6000円。

 約300℃の水蒸気を食品に噴霧して調理することで、余分な脂や塩分を落とせるという。例えば200gのステーキなら、フライパンで調理する場合より脂を約8倍落とし、カロリーを約13%カットできるという。

 噴霧した水蒸気の熱で食品内部の脂を溶かし、しみ出した脂を食品の表面につく水分が一緒に洗い落とす仕組み。

 一方、塩分を落とす効果は、例えば塩鮭を焼く場合で、ガスグリルの約3倍高いという。食品の表面に付着する水分に食品中の塩分が移動し、塩分を含んだ水が食品からしたたり落ちるため、食品に含まれる塩分が少なくなる。

 さらに、オーブン内に充満する水蒸気によって酸素濃度が低くなり、ビタミンCの酸化を抑制できるという。ビタミンCの残存率は、カボチャの場合、従来のオーブンに比べて約1.8倍、ブロッコリーの場合、鍋でゆでたときの約1.4倍という。

 プレスリリースはこちらまで。(小山千穂、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:467
  2. 日野原先生からいただいた二つの“謎”の言葉 佐藤綾子氏(ハリウッド大学院大学客員教授)に聞く FBシェア数:2
  3. 看護師がI.C.に同席し患者の理解をサポート 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編3》 FBシェア数:14
  4. 主訴「ちんちん痒い」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:170
  5. 三環系抗うつ薬:うつ以外への処方も広がる NMO処方サーベイ FBシェア数:2
  6. 全身脱力の26歳男性の診断は? 徳田闘魂道場にようこそ〜国家試験と臨床との架け橋〜 FBシェア数:3
  7. 非専門領域の新薬、いつから使う? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:4
  8. 説明同意文書に死亡リスクを具体的に記載 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編2》 FBシェア数:62
  9. 裁判所が求めるインフォームド・コンセントとは 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:144
  10. 主治医は言い訳をせずに真実をしっかり伝えよ 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編1》 FBシェア数:146