2004.09.03

厚労省、15品目のトクホを新たに許可、肥満対策のマーガリン、コレステロール対策のマヨネーズが新登場

 厚生労働省が効果と安全性を認めた特定保健用食品(トクホ)に、肥満対策のマーガリンと、コレステロール対策のマヨネーズが新たに加わった。

 肥満対策のマーガリンは、日清オイリオ「リセッタ ソフト」。

 食べて体内に吸収されても、肝臓ですぐに燃焼しやすい「中鎖脂肪酸」を多く含む製品。中鎖脂肪酸は、肥満対策のトクホ調理用油として販売されている「ヘルシー リセッタ」の有効成分と同じもの。

 「リセッタ ソフト」は近く発売になるとみられるが、発売日はまだ発表されていない。

 「リセッタ ソフト」は、厳密にはマーガリンではなく、ファットスプレッドと呼ばれる分類の商品。

 日本ではJAS規格(日本農林規格)によって「マーガリン類」が定義されており、油脂含有率80%以上の製品を「マーガリン」、同80%未満の製品は「ファットスプレッド」と分類される。

 「リセッタ ソフト」は、厳密な定義のマーガリンに比べて油分が少ない。もっとも、スーパーなどの店頭に並ぶマーガリンの多くは、「ファットスプレッド」に分類されている。

 一方、コレステロール対策のマヨネーズは、味の素「ピュアセレクト サラリア」。

 コレステロールを下げる効果がある「植物ステロール」を配合・強化した製品。9月10日に発売される。

 植物ステロールは、消化管の中でコレステロールと競合し、コレステロールの体外への排せつを促す。医薬品として認められているほど、効果は確かだ。植物ステロールを配合・強化して、コレステロールを下げる効果が認められたトクホは、食用油とマーガリン類がすでに発売されている。

 味の素の「ピュアセレクト サラリア」は、厳密にはJAS規格の「マヨネーズ」には相当しない商品。

 通常のマヨネーズに比べて特定の成分を配合・強化すると、とたんに、マヨネーズの定義に当てはまらなくなってしまうからだ。マヨネーズ類と表記するのが正しい。

 なお、味の素が「ピュアセレクト サラリア」のトクホ表示許可を取得した「食品の種類」は「サラダ用調味料」となっている。

 マヨネーズ最大手のキユーピーも、植物ステロールを配合・強化したマヨネーズ類「キユーピー コントロール」のトクホ申請を2003年中に終えており、近く、トクホ表示で味の素に追随するとみられる。

 日清オイリオ「リセッタ ソフト」と味の素「ピュアセレクト サラリア」の2品目は、2004年8月20日付で厚生労働省がトクホ表示を認めた。

 8月20日にはこの2品目を含む15品目がトクホとして認められたため、トクホの総数は439品目になった。(河田孝雄、医療局編集委員)

■お知らせ■
メールマガジンの登録を受付中です。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 息子が中学受験、それでも地方に転職した医師の決断 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:6
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:1
  3. 娘のかかりつけ医選びで知った最近の小児科事情 記者の眼 FBシェア数:93
  4. 医師国試の合格率は88.7%、大学別合格率は? 8533人の新医師が誕生、合格率は90%を切る FBシェア数:1788
  5. これで確定申告できるの? 頼りない税理士に怒り 開業の落とし穴 FBシェア数:2
  6. 梅毒かも、結果が出るまではエッチ厳禁で 井戸田一朗の「性的マイノリティの診療日誌」 FBシェア数:49
  7. 臨床研究法が臨床研究を撲滅する 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:9
  8. その免疫療法、本当に推奨できますか? トレンド◎あらゆる癌免疫療法に言及した日本初のガイドライン発行 FBシェア数:407
  9. 患者の同意なく雇用先に診療情報漏示は違法 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  10. はしかを診たこと、ありますか? わかる!院内感染対策 FBシェア数:84