2004.09.03

【Pharma Business】 バイオファーマ時説:医薬品開発をスピードアップする微量薬物の検出技術向上

 日本製薬工業協会の調べによると、国内企業17社が1998年〜2002年の5年間に合成した化合物は42万542個で、このうち承認取得に至ったのは76個。海外からの導入品38個を除くと、化合物1万1067個のうち、製品化にたどり着くのはたった一つということになるのだそうだ。

 医薬品になる化合物は、文字通り万に一つ。その一つがどれかを早い時点で見極めることができれば、将来ドロップアウトする化合物に無駄な資源を注ぎ込むこともなくなり、開発のスピードは間違いなく上がるだろう。それがどれかを簡単に見極められないところに、創薬研究者の苦悩がある。

 とりわけ“被害”が大きいのは、臨床開発入りした後に候補化合物がドロップアウトしてしまうことだ。そこで、製薬企業では臨床試験の開始前にできるだけ候補化合物を絞り込もうと腐心するが、それでも臨床入りしてからドロップアウトする例はなくならない(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:324
  2. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1071
  3. 映画を通じて麻酔科医の仕事をより理解してほしい 医療マンガ・ドラマの裏話を教えます! FBシェア数:26
  4. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:448
  5. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:62
  6. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:36
  7. 新薬の「14日間ルール」見直し求める トレンド(DIオンライン) FBシェア数:82
  8. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:81
  9. BPSDには非薬物療法が最良の選択肢なのか? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:88
  10. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:94