2004.09.03

【Pharma Business】 バイオファーマ時説:医薬品開発をスピードアップする微量薬物の検出技術向上

 日本製薬工業協会の調べによると、国内企業17社が1998年〜2002年の5年間に合成した化合物は42万542個で、このうち承認取得に至ったのは76個。海外からの導入品38個を除くと、化合物1万1067個のうち、製品化にたどり着くのはたった一つということになるのだそうだ。

 医薬品になる化合物は、文字通り万に一つ。その一つがどれかを早い時点で見極めることができれば、将来ドロップアウトする化合物に無駄な資源を注ぎ込むこともなくなり、開発のスピードは間違いなく上がるだろう。それがどれかを簡単に見極められないところに、創薬研究者の苦悩がある。

 とりわけ“被害”が大きいのは、臨床開発入りした後に候補化合物がドロップアウトしてしまうことだ。そこで、製薬企業では臨床試験の開始前にできるだけ候補化合物を絞り込もうと腐心するが、それでも臨床入りしてからドロップアウトする例はなくならない(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング中間、大学首位は不動の東京医科歯科 「医師臨床研修マッチング2017」中間結果ランキング FBシェア数:338
  2. 「研修医にやる気がない」「教えるとウザがられる」… 学会トピック◎日本病院総合診療医学会学術総会 FBシェア数:650
  3. 知ってた? 一円玉はX線画像に写らない! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:221
  4. 55歳女性。起床後、頻回の嘔吐・下痢 日経メディクイズ●腹部X線 FBシェア数:0
  5. 25歳女性。外陰部の結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  6. 「スポーツ98%です!」どういう意味か分かります… 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:179
  7. 「あの医者は検査してくれない」にこう対処 特集◎検査の賢い減らし方《実践編2》 FBシェア数:5
  8. 頭をぶつけたが異常のない男児。CTを撮る? 医師1000人に聞きました FBシェア数:34
  9. 50歳代男性。発熱、呼吸困難、左下腿疼痛 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  10. 吐き気と微妙な心電図、先生の判断は? 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:0