2004.09.03

FDAが胸郭不全症候群の小児用補助器具を承認

 米国食品医薬品局(FDA)は9月2日、胸郭不全症候群の小児用補助器具、「Vertical Expandable Prosthetic Titanium Rib」を承認した。胸郭不全症候群の人は、胸部や脊椎、肋骨に重度の奇形があり、正常な呼吸や肺の発達の妨げとなってしまう。

 生後6カ月から15歳の147人の小児を対象に行った治験では、中には人口呼吸器なしで呼吸できるようになった例もみられるなど、同器具が効果をもたらす可能性が示されたとしている。

 同器具の製造元は、Synthes Spine社(ペンシルベニア州West Chester)。詳しくは、FDAのニュース・リリースまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  2. DNARの落とし穴 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:298
  3. 80歳男性。右胸部に再発を繰り返す結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:6
  5. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:337
  6. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1396
  7. 特発性喀血症、知っていますか? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:72
  8. 投与量調節の必要がない帯状疱疹治療薬 最新DIピックアップ FBシェア数:317
  9. 日医も警戒する「新型多機能サービス」の正体 記者の眼 FBシェア数:18
  10. 自身の認知症予防のために取り組んでいること 医師1000人に聞きました FBシェア数:4