2004.09.03

中国のH5N1ブタ感染、01年と03年に福建省で1例ずつ見つかっていた

 中国福建省で2001年と2003年に各1匹ずつ、高病原性トリインフルエンザウイルス(H5N1)に感染したブタが見つかっていたことがこのほど明らかになった。新型インフルエンザの発生につながる重要な情報が2年以上も国際社会に公表されていなかったわけで、感染国の国際的な責務が問われる事態と言えそうだ。

 この8月に北京で開催された重症急性呼吸器症候群(SARS)とトリインフルエンザに関する国際シンポジウムで中国の研究者が報告した内容が報道されて国際的に大きな波紋を呼んだため、国際獣疫事務局(OIE)が中国の獣疫当局に追加情報の提供を要請していたもの。OIEが9月1日付けで公表した。

 それによると、まず2001年に福建省で得られたブタの1検体から2002年にH5N1ウイルスが分離された。2003年にも14省でブタから1936検体を集めて調べたところ、福建省の1検体からH5N1が分離された。これら2つのH5N1ウイルスを、最近になって中国で鳥から分離したH5N1ウイルスと比較したところ、極めて高い相同性が確認された。2004年にも4月と8月に福建省を含む10省のブタから得た4447検体を調べたが、H5N1感染は確認されなかったという。

 これらの結果は、少なくともここ3年間、調査した地区ではH5N1のブタ感染はまれで、ウイルス自体にも大きな変化は起きていないことを示唆している。しかし、OIEでは、H5N1が発生している各国に対し、ブタにおけるH5N1感染の実態を把握するためのサーベイランス強化を強く求めている。

 OIEのプレスリリースはこちらで閲覧できる。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 25歳女性。外陰部の結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 52歳男性。右顔面痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 知ってた? 一円玉はX線画像に写らない! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:149
  4. 内視鏡検査をAIで支援、悪性度も瞬時に判定 リポート◎AIが変える大腸内視鏡検査 FBシェア数:216
  5. 「患者への説明」に時間を充てすぎてはいけない 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:628
  6. 10歳男児。咽頭違和感、全身掻痒感、呼吸困難 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  7. 抗菌薬の適正使用が最も進んでいる診療科は? 医師1000人に聞きました FBシェア数:47
  8. シンギュラリティ後を見越し、子どもをどう育てる?… 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:4
  9. 医師の理想的なキャリアプランとは 学会トピック◎日本病院総合診療医学会学術総会 FBシェア数:143
  10. 今さら聞けない低血糖患者への対処法 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:102