2004.09.03

中国のH5N1ブタ感染、01年と03年に福建省で1例ずつ見つかっていた

 中国福建省で2001年と2003年に各1匹ずつ、高病原性トリインフルエンザウイルス(H5N1)に感染したブタが見つかっていたことがこのほど明らかになった。新型インフルエンザの発生につながる重要な情報が2年以上も国際社会に公表されていなかったわけで、感染国の国際的な責務が問われる事態と言えそうだ。

 この8月に北京で開催された重症急性呼吸器症候群(SARS)とトリインフルエンザに関する国際シンポジウムで中国の研究者が報告した内容が報道されて国際的に大きな波紋を呼んだため、国際獣疫事務局(OIE)が中国の獣疫当局に追加情報の提供を要請していたもの。OIEが9月1日付けで公表した。

 それによると、まず2001年に福建省で得られたブタの1検体から2002年にH5N1ウイルスが分離された。2003年にも14省でブタから1936検体を集めて調べたところ、福建省の1検体からH5N1が分離された。これら2つのH5N1ウイルスを、最近になって中国で鳥から分離したH5N1ウイルスと比較したところ、極めて高い相同性が確認された。2004年にも4月と8月に福建省を含む10省のブタから得た4447検体を調べたが、H5N1感染は確認されなかったという。

 これらの結果は、少なくともここ3年間、調査した地区ではH5N1のブタ感染はまれで、ウイルス自体にも大きな変化は起きていないことを示唆している。しかし、OIEでは、H5N1が発生している各国に対し、ブタにおけるH5N1感染の実態を把握するためのサーベイランス強化を強く求めている。

 OIEのプレスリリースはこちらで閲覧できる。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:29
  2. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:222
  3. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  4. 麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:237
  5. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:56
  6. 若年者のピロリ菌スクリーニング検査は簡便な尿中抗… 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:385
  8. 初訪問で患者が激怒!そのワケは? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:79
  9. 「怒鳴る」「注意できない」管理者の結末 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:6
  10. 2016年の梅毒患者は4500人超、最多の東京都… 前年比で大幅増加 FBシェア数:239