2004.09.02

過疎地の病院の医師配置標準を緩和、3年間に限り現行算定式の90%で許可

 厚生労働省は8月27日、医療法施行規則を改正し、過疎地の病院の医師配置標準を緩和した。一定の要件を満たす病院について、3年間の時限措置として、医師配置標準を現行算定式の90%に緩和する。

 同省は、今年2月の「地域医療に関する関係省庁連絡会議」で、過疎地の病院の医師確保について支援策を講じる方針を決定。今回の改正はこれを受けたもので、1.へき地等を有する市町村またはこれに準ずる市町村に所在、2.地域医療に不可欠な医療機関である、3.医師確保の努力をしているが、著しく困難である、4.医師確保、病院機能見直し等の計画が策定されている−−の4要件を満たし、都道府県知事の許可を受けた病院は、特例の適用を受けられるとした。

 4つの要件のうち、1.の「へき地等」とは、過疎地自立促進特別法などの法律に規定する過疎地を指す。へき地等に準ずる市町村は、人口当たりの医師数が全国平均を下回っている市町村のこと。また、3.の「著しく困難」については、「医師配置標準に対する充足率が60%を下回っている」ことなどとしている。

 都道府県は、特例措置の対象となった病院などに対して、各種の支援を行う。過疎地の病院に医師を派遣する「へき地医療拠点病院」に対して医師派遣の経費を補助するほか、特例措置の対象が民間病院の場合は、医療施設近代化施設整備補助金を優先採択とする。
(吉良伸一郎、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 50歳代男性。咳、痰、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:4
  3. 今年の大学医学部入試の問題から(その2) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1
  4. 山形県の麻疹感染が拡大、埼玉県や宮城県でも患者確… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:288
  5. 最も長い名前の呼吸器疾患 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:8
  6. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:11
  7. 画像診断報告書の確認漏れが起こる理由 リポート◎指摘の見落とし、連携不足、多忙など改善点は多く FBシェア数:202
  8. 血中トランス脂肪酸高値は日本人でもCVリスク 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:202
  9. 地域医療構想の未来とお座敷遊び「とらとら」と 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:0
  10. ガイドライン外来診療◆貧血 ガイドライン外来診療 FBシェア数:0