2004.09.02

過疎地の病院の医師配置標準を緩和、3年間に限り現行算定式の90%で許可

 厚生労働省は8月27日、医療法施行規則を改正し、過疎地の病院の医師配置標準を緩和した。一定の要件を満たす病院について、3年間の時限措置として、医師配置標準を現行算定式の90%に緩和する。

 同省は、今年2月の「地域医療に関する関係省庁連絡会議」で、過疎地の病院の医師確保について支援策を講じる方針を決定。今回の改正はこれを受けたもので、1.へき地等を有する市町村またはこれに準ずる市町村に所在、2.地域医療に不可欠な医療機関である、3.医師確保の努力をしているが、著しく困難である、4.医師確保、病院機能見直し等の計画が策定されている−−の4要件を満たし、都道府県知事の許可を受けた病院は、特例の適用を受けられるとした。

 4つの要件のうち、1.の「へき地等」とは、過疎地自立促進特別法などの法律に規定する過疎地を指す。へき地等に準ずる市町村は、人口当たりの医師数が全国平均を下回っている市町村のこと。また、3.の「著しく困難」については、「医師配置標準に対する充足率が60%を下回っている」ことなどとしている。

 都道府県は、特例措置の対象となった病院などに対して、各種の支援を行う。過疎地の病院に医師を派遣する「へき地医療拠点病院」に対して医師派遣の経費を補助するほか、特例措置の対象が民間病院の場合は、医療施設近代化施設整備補助金を優先採択とする。
(吉良伸一郎、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:883
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:1
  4. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:204
  5. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:214
  6. 本当に怖い夜勤の話 病院珍百景 FBシェア数:0
  7. 検査結果を基に診断を考えるな! 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:12
  8. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:238
  9. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  10. 典型画像が見えない敵、膵炎を除外するな! 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:25