2004.09.02

【再掲】速報、医療法人所得ランキング、明理会が2年連続でトップ

 2004年3月期までを対象にした2004年版医療法人申告所得ランキングの集計結果がまとまった。

 これによると、上位6位までは前回調査(2003年版)と全く同じ顔ぶれで、板橋中央総合病院グループの明理会は2年連続でトップとなった。ただ、上位4法人の所得額は、いずれも前年より減少している(データは帝国データバンク調べ)。

 上位100法人の申告所得総額は、前年比9%増の1015億8064万円。前回調査では、2002年4月に実施された診療報酬のマイナス改定の影響を受ける格好で前年より約10%落ち込んだが、2004年は伸び率がプラスに転じた。

 この点について、医療機関の経営に詳しい公認会計士の石井孝宜氏は、「2002年4月の診療報酬のマイナス改定をきっかけに、コスト見直しなどの経営体質強化に本気で取り組み、業績を回復させた医療法人が増えたためではないか。ただし、全体の収益力が回復基調にあるのではなく、勝ち組と負け組の格差は広がっている」と分析する。

 なお、2004年版の医療法人所得ランキングの詳細については、「日経ヘルスケア21」10月号(10月8日発行)に掲載する予定です。
(沖本健二、日経ヘルスケア21

■ 訂正 ■
 3段落目に「前年比8%増の1010億3715万円」とあるのは「前年比9%増の1015億8064万円」の誤りでした。お詫びして訂正します。(MedWave編集長、三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 矛盾抱えた「患者申出療養」はどこへ行く? リポート◎治験でも先進医療でもない第3の混合診療 FBシェア数:34
  2. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:3
  3. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:133
  4. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  5. どうやって個人型確定拠出年金で節税するの? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:3
  6. 急性肺塞栓除外のための新臨床ルールの提案 Lancet誌から FBシェア数:241
  7. 北大病院がインドの病院と国際協定を結んだワケ リポート◎脳神経外科を中心に技術交流をスタート FBシェア数:47
  8. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:611
  9. オーナーが倒産寸前! 危ない物件の見分け方 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  10. 70歳代男性。便潜血反応陽性 日経メディクイズ●内視鏡 FBシェア数:0