2004.09.01

【Pharma Business】 フロム・ニュージャージー:米国市場への最適なエントリー戦略とは(下)

 米国で市場のニーズに合致した医薬品を一つでも生み出すことができれば、会社を飛躍的に発展させることも可能である。1984年に消化性潰瘍治療薬Zantac(ラニチジン)の許可をFDA(食品医薬品局)から得た当時の米国グラクソは、同種同効のTagamet (シメチジン)を開発して既にヒット製品に育て上げていたスミスクラインとは競争にならない小さな会社であった。グラクソは、ロシュの強力な営業力を借りるために共同販促に踏み切り、この戦略
が効を奏してZantacはTagametを追い越すまでの製品になった。このZantacという1製品による収益を活用して会社の規模を拡大させ、20年も経たないうちに世界のトップ製薬企業の座を争うグラクソ・スミスクラインになったのである(詳しくはPharmaBusinessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:11
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:470
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:568
  5. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:127
  6. 野菜食べてる? 村川裕二の「ほろよいの循環器病学」 FBシェア数:83
  7. 難治性慢性咳嗽にボツリヌスが効く!? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:52
  8. 広がる安易な帝王切開、母体死亡率高まる危険性 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:27
  9. 金属に対する生体吸収ステントの優位性示せず Lancet誌から FBシェア数:94
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:132