2004.09.01

【Pharma Business】 フロム・ニュージャージー:米国市場への最適なエントリー戦略とは(下)

 米国で市場のニーズに合致した医薬品を一つでも生み出すことができれば、会社を飛躍的に発展させることも可能である。1984年に消化性潰瘍治療薬Zantac(ラニチジン)の許可をFDA(食品医薬品局)から得た当時の米国グラクソは、同種同効のTagamet (シメチジン)を開発して既にヒット製品に育て上げていたスミスクラインとは競争にならない小さな会社であった。グラクソは、ロシュの強力な営業力を借りるために共同販促に踏み切り、この戦略
が効を奏してZantacはTagametを追い越すまでの製品になった。このZantacという1製品による収益を活用して会社の規模を拡大させ、20年も経たないうちに世界のトップ製薬企業の座を争うグラクソ・スミスクラインになったのである(詳しくはPharmaBusinessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176