2004.09.01

【Pharma Business】 SCRIP MAGAZINE:進化を続ける骨粗鬆症治療薬(下)

 ビスフォスフォネート製剤が主流だった骨粗鬆症治療薬市場は、骨芽細胞を刺激するホルモンであるPTHや、Pretelos(ラネリック酸ストロンチウム)が中心の市場へと移行する可能性が出てきた。しかし、医師や製薬企業には、治療が必要な患者を特定するという大きな課題が残っている。現在、米国、欧州、日本で、適切な治療を受けている骨粗鬆症患者は25〜30%に過ぎない。最新の治療薬に加えて新たな診断方法がそろえば、骨粗鬆症市場に大きな変革をもたらすだろう(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. あまりフレンドリーな医療者にならないようにしてい… 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:207
  2. 3歳女児。掌蹠に痒みを伴う多発性の水疱・膿疱 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:1
  3. 85歳女性、心電図異常 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 医師の「肩書き」がモノを言うとき 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:110
  5. 「あれもイヤ、これもイヤ」にどう対応? うさコメント! FBシェア数:27
  6. ARB利尿薬配合剤と併用しない方がよい薬 医師のための薬の時間 FBシェア数:4
  7. 49歳男性。発熱 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  8. 凝固因子2つに結合する抗体が血友病治療に革命 奈良県立医科大学小児科学教室教授の嶋緑倫氏に聞く FBシェア数:23
  9. 糖尿病患者に癌の発症が多いワケ 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:216
  10. 美人尼の介護を受けた晩年の良寛 病と歴史への招待 FBシェア数:15
医師と医学研究者におすすめの英文校正