2004.09.01

下顎骨を患者本人の広背筋内で育てて移植、癌手術後のQOLが向上

 独豪の研究者たちは、8年前に癌摘出術を受け下顎骨を7cm以上失った56歳の患者の要望に答えて下顎再建に成功、その成果をLancet誌8月28日号に報告した。カスタムメイドの下顎骨は、患者の広背筋の中で育てられたものだった。

 骨移植に自家骨を用いる場合、採取部位に二次的な骨欠損が生じるという問題がある。また、今回の患者は、大動脈瘤のためにワルファリンを服用していた。従来型骨移植を行う場合、この薬は術後出血のリスクを高める。

 研究者たちは、3次元CTスキャンとコンピュータに基づく設計技術を用いて、欠損部分の代替となる構造を設計、テフロン製の鋳型を作り、それを基にチタン・メッシュ製ケージを作製した。鋳型を取り除いたあとに組換えヒト骨形成蛋白質-7でコートした骨塩ブロックを入れ、その間隙を患者自身の全骨髄で満たした。

 患者の右広背筋中にこれを移植、7週後に遊離骨筋皮弁として摘出した。移植片は、隣接した広背筋と胸背動脈および静脈と共に下顎部に移植され、血管吻合も成功した。移植後4週目に患者は、ガン手術以来初めて、流動食でなくパンとソーセージの夕食を楽しんだという。歯はないが、患者の咀嚼能は向上、本人は外見の改善にも満足した。

 今後も長期的な評価が必要だが、この技術は広範な適用が可能と期待される。また、QOL向上の意義は大きい。

 BBCニュースでも取り上げられたこの論文のタイトルは、「Growth and transplantation of a custom vascularised bone graft in a man」、アブストラクトは現在、こちらで閲覧できる(Lancetのホームページへの登録が必要です)。(大西淳子、医学ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:312
  2. どこまで減らせる?アルブミン製剤 リポート◎「アルブミン消費大国」の汚名は返上したが… FBシェア数:22
  3. 高血圧合併例の利尿薬をSGLT2阻害薬に変更 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:139
  4. 患者応対を改善させる「マジックフレーズ」 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  5. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  6. なぜ肺炎ガイドラインに「治療しない」選択肢を盛り… ガイドライン作成委員を務めた大阪大学感染制御学教授の朝野和典氏に聞く FBシェア数:502
  7. 100歳目前の認知症患者に輸血を行うか はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:13
  8. 高齢者救急の現場で思う「長生きは幸福か」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:174
  9. いつまでも症状が長引く感染性腸炎の正体 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:161
  10. 医療事故調センター「再発防止策」に厳しい声 記者の眼 FBシェア数:27