2004.09.01

下顎骨を患者本人の広背筋内で育てて移植、癌手術後のQOLが向上

 独豪の研究者たちは、8年前に癌摘出術を受け下顎骨を7cm以上失った56歳の患者の要望に答えて下顎再建に成功、その成果をLancet誌8月28日号に報告した。カスタムメイドの下顎骨は、患者の広背筋の中で育てられたものだった。

 骨移植に自家骨を用いる場合、採取部位に二次的な骨欠損が生じるという問題がある。また、今回の患者は、大動脈瘤のためにワルファリンを服用していた。従来型骨移植を行う場合、この薬は術後出血のリスクを高める。

 研究者たちは、3次元CTスキャンとコンピュータに基づく設計技術を用いて、欠損部分の代替となる構造を設計、テフロン製の鋳型を作り、それを基にチタン・メッシュ製ケージを作製した。鋳型を取り除いたあとに組換えヒト骨形成蛋白質-7でコートした骨塩ブロックを入れ、その間隙を患者自身の全骨髄で満たした。

 患者の右広背筋中にこれを移植、7週後に遊離骨筋皮弁として摘出した。移植片は、隣接した広背筋と胸背動脈および静脈と共に下顎部に移植され、血管吻合も成功した。移植後4週目に患者は、ガン手術以来初めて、流動食でなくパンとソーセージの夕食を楽しんだという。歯はないが、患者の咀嚼能は向上、本人は外見の改善にも満足した。

 今後も長期的な評価が必要だが、この技術は広範な適用が可能と期待される。また、QOL向上の意義は大きい。

 BBCニュースでも取り上げられたこの論文のタイトルは、「Growth and transplantation of a custom vascularised bone graft in a man」、アブストラクトは現在、こちらで閲覧できる(Lancetのホームページへの登録が必要です)。(大西淳子、医学ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:298
  3. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:434
  4. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:779
  5. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:94
  6. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  7. 来シーズンには新機序の抗インフル薬登場 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《下》 FBシェア数:2
  8. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  9. 「給料泥棒なの?」 上司の言葉に夜も眠れず 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:90
  10. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:22