2004.08.31

全身の癌を一度に検出できる高感度腫瘍マーカーが開発中、PETとの併用で効率的な癌検診が可能に

 全身の18種類の癌が一度の血液検査で検出できる、「HAAH」という酵素を用いた試薬キットが日本で開発中だ。従来の癌診断マーカーは1つの臓器の癌しか検出できないが、HAAHを利用すれば、場所は特定できないがほぼ全身の癌の有無を一度にチェックできる。

 この腫瘍マーカー検査は、米国のパナセアファーマシューティカルズ社とのライセンス契約により、(株)エスアールエル(SRL)などが開発を進めているもので、「2007年には体外診断用医薬品としての認可を受けて、広く販売を開始したい」(SRL)意向だ。

 癌の早期発見の切り札として、日本でもPET検診が普及し始めているが、多くの場合は保険適用とならず検査に要する受診者の費用負担は大きい。PET検診を手がける宇都宮セントラルクリニック(栃木県宇都宮市)院長の佐藤俊彦氏は、「HAAHのように全身の癌が一度でスクリーニングできる高感度の腫瘍マーカーが実用化されれば、異常者のみをPET検診に回して癌の部位を特定すればよく、より効率的な癌検診システムが可能となる」と話している(日経ヘルスケア21の9月号のコラム「ヘルスケアリーダー」は佐藤氏についてです。こちらもご覧ください)。
(友吉由紀子、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:863
  2. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:5
  3. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:254
  4. 動かなくなって気付く…左母指の重要性 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:32
  5. 高齢2型糖尿病患者の薬剤選択、どう判断する? 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:198
  6. 「脱水」は2つに大別して考える カデット特集●シーズン前に押さえよう 脱水の基本 FBシェア数:263
  7. 使い捨て医療機器は「再利用」から「再製造」へ インタビュー◎院内での中途半端な洗浄・滅菌はやめよう FBシェア数:196
  8. 患者指導にとって言葉は聴診器以上に大切だ 追悼◆日野原重明氏《インタビュー再録》 FBシェア数:991
  9. 80歳男性。右胸部に再発を繰り返す結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  10. 予約制で1日40人、念願のきめ細やかな診療実現 ルポ:50代の転職(3)◎完全予約制の小児科を開業 FBシェア数:102