2004.08.31

全身の癌を一度に検出できる高感度腫瘍マーカーが開発中、PETとの併用で効率的な癌検診が可能に

 全身の18種類の癌が一度の血液検査で検出できる、「HAAH」という酵素を用いた試薬キットが日本で開発中だ。従来の癌診断マーカーは1つの臓器の癌しか検出できないが、HAAHを利用すれば、場所は特定できないがほぼ全身の癌の有無を一度にチェックできる。

 この腫瘍マーカー検査は、米国のパナセアファーマシューティカルズ社とのライセンス契約により、(株)エスアールエル(SRL)などが開発を進めているもので、「2007年には体外診断用医薬品としての認可を受けて、広く販売を開始したい」(SRL)意向だ。

 癌の早期発見の切り札として、日本でもPET検診が普及し始めているが、多くの場合は保険適用とならず検査に要する受診者の費用負担は大きい。PET検診を手がける宇都宮セントラルクリニック(栃木県宇都宮市)院長の佐藤俊彦氏は、「HAAHのように全身の癌が一度でスクリーニングできる高感度の腫瘍マーカーが実用化されれば、異常者のみをPET検診に回して癌の部位を特定すればよく、より効率的な癌検診システムが可能となる」と話している(日経ヘルスケア21の9月号のコラム「ヘルスケアリーダー」は佐藤氏についてです。こちらもご覧ください)。
(友吉由紀子、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:367
  2. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:8
  3. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:232
  4. 小型植え込み心電計が小型すぎてヤバい 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:226
  5. 意識の高い大学は新「大学入学共通テスト」をどう見… 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:2
  6. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:10
  7. 「なぜ私が低評価?」人事考課の苦情に院長困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:6
  8. 低体重者のOGTT、血糖上昇は生理的反応を含む 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:2
  9. 映画を通じて麻酔科医の仕事をより理解してほしい 医療マンガ・ドラマの裏話を教えます! FBシェア数:10
  10. ペレックスの指導で垣間見た指導官の思い セキララ告白!個別指導 FBシェア数:26