2004.08.31

東京大、病院倫理委員養成講座を10月開講、記念シンポジウムを9月23日に開催

 医学研究が社会的な信頼を得るための鍵になるのが病院倫理委員会。東京大学大学院医学系研究科はこのほど、倫理委員会の構成メンバーに適した人材育成などを目的とした「生命・医療倫理人材養成ユニット」を設立した。10月から、医療従事者を含め、広く社会人を対象に、公開講座「生命・医療倫理学入門コース」を開催するとともに、9月23日には、新ユニット設立を記念して、「倫理委員会の現在と展望」と題したシンポジウムを開催する。

 シンポジウムでは講演に引き続く第2部で模擬倫理委員会を開催する。公開講座でも模擬倫理委員会の演習、研究現場、臨床現場での実習を行い、座学の部でも少人数グループ討論を頻繁に実施し、参加者に倫理的思考の理解を促す構成にしている。

 シンポジウムと公開講座の概要は次のとおり。

●シンポジウム「倫理委員会の現在と展望」
日時:9月23日 13時〜17時30分
会場:東京大学医学部教育記念棟14F 鉄門記念講堂
第一部
基調講演 赤林朗氏(東京大学)
特別講演 菱山豊氏(政策研究大学院大学)
特別講演 浅川茂樹氏(理化学研究所)
特別講演 青野由利氏(毎日新聞社)
第二部
模擬倫理委員会の開催

申し込み:メールかFAXで9月12日までに申し込む

●公開講座 生命・医療倫理学入門コース
開催科目:生命・医療倫理学講義、演習(模擬倫理委員会)、実習(研究現場、臨床現場の観察実習など)
講義科目の概要:倫理学の基礎、インフォームド・コンセント、守秘義務と個人情報保護、臨床分析の方法、医療事故とリスクマネジメント、生殖医療、遺伝学などの各論。
日時:
生命倫理学講義は10月14日〜2005年2月17日の木曜日18時〜21時
演習は11月13日〜2005年1月22日の土曜日13時30分〜17時30分
実習については現時点で未定。

申し込み方法:メールかFAXで9月30日までに申し込む
定員:30人(超過の場合は、開催者が選考する)
受講資格:特になし
受講料:無料。ただし、資料代と修了証発行代として2万円を徴収する。

 公開講座の詳細、申し込み方法などはこちらで閲覧できる。(中沢真也)


*イベント、セミナーの開催日程や内容、申し込み方法は主催者側の都合などによって変更になる場合があります。必ず、主催者側にご確認ください。


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 「爪剥がし事件」で逆転無罪、正当な医療行為と認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:32
  3. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:882
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:38
  5. 開業物件を決められない医師が陥りがちな罠 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:3
  7. アメフト選手の大半は慢性外傷性脳症だった JAMA誌から FBシェア数:153
  8. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:64
  9. 「できるだけ安い薬を出して」と言われたら シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:103
  10. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:127