2004.08.31

東京大、病院倫理委員養成講座を10月開講、記念シンポジウムを9月23日に開催

 医学研究が社会的な信頼を得るための鍵になるのが病院倫理委員会。東京大学大学院医学系研究科はこのほど、倫理委員会の構成メンバーに適した人材育成などを目的とした「生命・医療倫理人材養成ユニット」を設立した。10月から、医療従事者を含め、広く社会人を対象に、公開講座「生命・医療倫理学入門コース」を開催するとともに、9月23日には、新ユニット設立を記念して、「倫理委員会の現在と展望」と題したシンポジウムを開催する。

 シンポジウムでは講演に引き続く第2部で模擬倫理委員会を開催する。公開講座でも模擬倫理委員会の演習、研究現場、臨床現場での実習を行い、座学の部でも少人数グループ討論を頻繁に実施し、参加者に倫理的思考の理解を促す構成にしている。

 シンポジウムと公開講座の概要は次のとおり。

●シンポジウム「倫理委員会の現在と展望」
日時:9月23日 13時〜17時30分
会場:東京大学医学部教育記念棟14F 鉄門記念講堂
第一部
基調講演 赤林朗氏(東京大学)
特別講演 菱山豊氏(政策研究大学院大学)
特別講演 浅川茂樹氏(理化学研究所)
特別講演 青野由利氏(毎日新聞社)
第二部
模擬倫理委員会の開催

申し込み:メールかFAXで9月12日までに申し込む

●公開講座 生命・医療倫理学入門コース
開催科目:生命・医療倫理学講義、演習(模擬倫理委員会)、実習(研究現場、臨床現場の観察実習など)
講義科目の概要:倫理学の基礎、インフォームド・コンセント、守秘義務と個人情報保護、臨床分析の方法、医療事故とリスクマネジメント、生殖医療、遺伝学などの各論。
日時:
生命倫理学講義は10月14日〜2005年2月17日の木曜日18時〜21時
演習は11月13日〜2005年1月22日の土曜日13時30分〜17時30分
実習については現時点で未定。

申し込み方法:メールかFAXで9月30日までに申し込む
定員:30人(超過の場合は、開催者が選考する)
受講資格:特になし
受講料:無料。ただし、資料代と修了証発行代として2万円を徴収する。

 公開講座の詳細、申し込み方法などはこちらで閲覧できる。(中沢真也)


*イベント、セミナーの開催日程や内容、申し込み方法は主催者側の都合などによって変更になる場合があります。必ず、主催者側にご確認ください。


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:41
  2. 叱るのが苦手…、態度が悪い職員にどう指導? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:4
  3. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:426
  4. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:6
  5. 遠隔医療、ネット診療って儲かるの? 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:29
  6. 30代男性職員の母親から届いた理不尽な苦情 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:29
  7. 医療者を守る放射線防護の10カ条 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:83
  8. 「管理薬剤師以外は派遣」の薬局が迎えた結末 マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:4
  9. 在宅医療のサービス提供、評価のあり方を議論 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:67
  10. 著名病院同士が合併、病院大再編時代の幕開け 記者の眼 FBシェア数:449