2004.08.31

エジプトへの旅行者に100人超のA型肝炎患者が発生

 エジプトで休日を過ごした後にドイツに帰国した観光客の間で、A型肝炎が流行していることが分かった。8月26日までに患者が100人を超えている。患者らは紅海沿岸の特定のホテルに滞在したことが明らかになっており、観光客の聞き取り調査では、ロシア、イタリア、フランス、英国、オーストリア、スイス、デンマーク、スウェーデンからの渡航者が同じホテルに滞在したことが判明している。ドイツ以外の国からは、これまで16人の患者が報告されたという。このため、ヨーロッパ早期警戒警報システムEuropean Early Warning Systemにより警報が発令された。なお、感染源はまだ特定されていない。

 詳しくは、Eurosurveillance WEEKLYの8月27日号まで。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今から区分マンション投資?それは自殺行為です Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:87
  2. インフルエンザ脳症を疑う3つのポイント インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:148
  3. 結核病棟からの脱走劇 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:56
  4. 杏林大病院、診療体制維持での働き方改革に挑戦 シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:180
  5. 働き方改革の「緊急的取り組み」今月中に通知へ シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:91
  6. 日本一高いアイスクリームに医療費高騰の片鱗を見る Inside Outside FBシェア数:77
  7. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:211
  8. 持効型インスリン:デグルデクがシェア伸ばす NMO処方サーベイ FBシェア数:36
  9. 記録が伸びないアスリートに多い内科的疾患 記者の眼 FBシェア数:64
  10. 約2000万人の未診断者が課題 特集◎生活習慣病 7つの新常識《インタビュー》 FBシェア数:59
医師と医学研究者におすすめの英文校正