2004.08.31

エジプトへの旅行者に100人超のA型肝炎患者が発生

 エジプトで休日を過ごした後にドイツに帰国した観光客の間で、A型肝炎が流行していることが分かった。8月26日までに患者が100人を超えている。患者らは紅海沿岸の特定のホテルに滞在したことが明らかになっており、観光客の聞き取り調査では、ロシア、イタリア、フランス、英国、オーストリア、スイス、デンマーク、スウェーデンからの渡航者が同じホテルに滞在したことが判明している。ドイツ以外の国からは、これまで16人の患者が報告されたという。このため、ヨーロッパ早期警戒警報システムEuropean Early Warning Systemにより警報が発令された。なお、感染源はまだ特定されていない。

 詳しくは、Eurosurveillance WEEKLYの8月27日号まで。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1054
  2. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:292
  3. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:432
  4. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:16
  5. どうする? 扁桃摘出1週間後の術後出血 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:0
  6. BPSDには非薬物療法が最良の選択肢なのか? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:62
  7. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:22
  8. 天井に届いた喀血 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:1
  9. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:49
  10. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:56