2004.08.31

エジプトへの旅行者に100人超のA型肝炎患者が発生

 エジプトで休日を過ごした後にドイツに帰国した観光客の間で、A型肝炎が流行していることが分かった。8月26日までに患者が100人を超えている。患者らは紅海沿岸の特定のホテルに滞在したことが明らかになっており、観光客の聞き取り調査では、ロシア、イタリア、フランス、英国、オーストリア、スイス、デンマーク、スウェーデンからの渡航者が同じホテルに滞在したことが判明している。ドイツ以外の国からは、これまで16人の患者が報告されたという。このため、ヨーロッパ早期警戒警報システムEuropean Early Warning Systemにより警報が発令された。なお、感染源はまだ特定されていない。

 詳しくは、Eurosurveillance WEEKLYの8月27日号まで。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:129
  2. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:57
  3. NCDで変わり始めた外科手術 リポート◎登録開始から5年、800万を超える外科症例データが集積 FBシェア数:35
  4. 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:282
  5. 81歳男性。側腹部の膨隆 日経メディクイズ●救急
  6. 地域枠義務放棄の医師採用は研修補助金を減額 臨床研修病院はマッチング時に「地域枠医師」かどうかの確認を FBシェア数:221
  7. 63歳女性。手指と足首の痛みを伴う皮疹 日経メディクイズ●皮膚
  8. 国主導の『抗微生物薬適正使用の手引き』公表へ 厚生科学審議会感染症部会で了承 FBシェア数:87
  9. 13歳女児。繰り返す嘔吐 日経メディクイズ●小児
  10. 今年の大学医学部入試の問題から(その1) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1