2004.08.30

マンモグラフィー検査の感度と特異性、HRT、過去の乳房手術、低BMIによって下がることが明らかに

 英国Cancer Research UKなどの研究者らは、ライフスタイルやホルモン補充療法(HRT)の経験、といった個人的要因が、マンモグラフィによる乳ガン診断の感度と特異性にどの様な影響を及ぼすかを調べ、その結果をBritish Medical Journal誌8月28日号に報告した。

 研究者らは、英国で実施された、HRTと乳ガン・リスクの評価を目的とした試験「Million Women Study」の被験者12万2355人から得られた情報を解析した。

 過去にガン経験のない50〜64歳の女性たちは、マンモグラフィーに先駆けて、様々な個人的要因に関する質問に答えた。検査から12カ月以内に組織学的に乳ガンと診断されたのは726人(0.6%)で、うち、マンモグラフィーで陽性は629人、陰性は97人だった。マンモグラフィーでは陽性だったが乳ガンでなかった女性は3885人(3.2%)。この結果、マンモグラフィーの総合的感度は86.6%、特異性は96.8%だった。

 感度と特異性を下げる要因と判断されたのは、現在または過去のHRT経験、乳ガン以外に起因する乳房手術歴、低BMI(やせ)の3つだった。それ以外に評価された、年齢、乳ガンの家族歴、出産経歴、経口避妊薬使用歴、卵管結紮の有無、運動量、喫煙、飲酒などの要因は、感度と特異性に有意な影響を与えていなかった。

 3要因はいずれもX線画像の濃度を高めることが知られており、それが感度と特異性を下げる原因と考えられた。従って、これら要因を持つ女性の場合、検査で見逃される可能性があることを知っておく必要があるだろう。

 論文のタイトルは「Influence of personal characteristics of individual
women on sensitivity and specificity of mammography in the Million WomenStudy: cohort study」で、現在こちらで全文を閲覧できる。(大西淳子、医学ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  2. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:530
  3. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:253
  4. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:252
  5. インフルエンザ脳症で30代患者死亡、今季2例目 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:303
  6. 「2025年」大予測! 医療改革は成功?失敗? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:2
  7. 心房細動の電気的除細動後に脳梗塞発症 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:151
  8. 7対1と10対1を「急性期一般入院料」に再編 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:39
  9. 医師の時短に向け直ちに実施すべき事項を明示 「医師の働き方改革に関する検討会」が緊急取り組み案と中間論点整理 FBシェア数:194
  10. 他界した弟に導かれて医師の道へ 人物ルポ■奄美群島の産婦人科医療に挑む小田切幸平氏 FBシェア数:154
医師と医学研究者におすすめの英文校正