2004.08.30

マンモグラフィー検査の感度と特異性、HRT、過去の乳房手術、低BMIによって下がることが明らかに

 英国Cancer Research UKなどの研究者らは、ライフスタイルやホルモン補充療法(HRT)の経験、といった個人的要因が、マンモグラフィによる乳ガン診断の感度と特異性にどの様な影響を及ぼすかを調べ、その結果をBritish Medical Journal誌8月28日号に報告した。

 研究者らは、英国で実施された、HRTと乳ガン・リスクの評価を目的とした試験「Million Women Study」の被験者12万2355人から得られた情報を解析した。

 過去にガン経験のない50〜64歳の女性たちは、マンモグラフィーに先駆けて、様々な個人的要因に関する質問に答えた。検査から12カ月以内に組織学的に乳ガンと診断されたのは726人(0.6%)で、うち、マンモグラフィーで陽性は629人、陰性は97人だった。マンモグラフィーでは陽性だったが乳ガンでなかった女性は3885人(3.2%)。この結果、マンモグラフィーの総合的感度は86.6%、特異性は96.8%だった。

 感度と特異性を下げる要因と判断されたのは、現在または過去のHRT経験、乳ガン以外に起因する乳房手術歴、低BMI(やせ)の3つだった。それ以外に評価された、年齢、乳ガンの家族歴、出産経歴、経口避妊薬使用歴、卵管結紮の有無、運動量、喫煙、飲酒などの要因は、感度と特異性に有意な影響を与えていなかった。

 3要因はいずれもX線画像の濃度を高めることが知られており、それが感度と特異性を下げる原因と考えられた。従って、これら要因を持つ女性の場合、検査で見逃される可能性があることを知っておく必要があるだろう。

 論文のタイトルは「Influence of personal characteristics of individual
women on sensitivity and specificity of mammography in the Million WomenStudy: cohort study」で、現在こちらで全文を閲覧できる。(大西淳子、医学ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 疼痛治療薬が効果なし…メンタルと思いきや 「こじらせ疼痛」にどう向き合う FBシェア数:0
  2. 研修医が意識しておくべき最低限の心構えとは イケてる指導医が研修医に伝えたいこと FBシェア数:240
  3. 45歳男性。自力で動けない。 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  4. かかりつけ医の普及に本腰、でも1人開業医は… 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《5》 FBシェア数:53
  5. 腎機能を確認せずに造影CTを行うのは罪? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:164
  6. 見えにくい静脈への穿刺を助ける新兵器 リポート【動画付き】◎血管可視化装置の使い勝手は? FBシェア数:102
  7. 私、モンスターペイシェント? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:172
  8. 肺癌見落としで40代女性死亡、河北健診クリニック 河北医療財団「係争化はしていない。遺族と協議中」 FBシェア数:75
  9. メジャー疾患のガイドライン改訂が目白押し 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:0
  10. N95マスクは何度まで使えるのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正