2004.08.30

【Pharma Business】 Pharmaceutical Executive:グローバルマーケティングの時代がやって来た(下)

 一部の製薬企業は、グローバルマーケティング部門やグローバルブランド構築部門を立ち上げているが、経営陣はこれらの部署の意義について十分に理解していないように思える。現地法人が自由気ままに独自キャンペーンを展開している例も多く見られる。一方でグローバルマーケティング部門は、効率的かつ一貫したマーケティング戦略を開発することが、自分たちの最大の責務であることを忘れがちである。

 規制の共通化が進んでいる傾向を考えると、グローバルマーケティング戦略の実行は今後さらに容易になると思われる。製薬企業は、コスト削減や効率性のアップ、一貫したブランド構築という利点をすぐにでも享受できるようになるだろう。

 成功にたどり着くには、グループ全体がグローバルマーケティング部門を受け入れ、その価値を認める必要がある。そのためには、グローバルマーケティングの役割や限界について明確な定義を行い、理解を得る必要がある(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 50歳代男性。咳、痰、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:4
  3. 今年の大学医学部入試の問題から(その2) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1
  4. 山形県の麻疹感染が拡大、埼玉県や宮城県でも患者確… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:288
  5. 最も長い名前の呼吸器疾患 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:8
  6. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:11
  7. 画像診断報告書の確認漏れが起こる理由 リポート◎指摘の見落とし、連携不足、多忙など改善点は多く FBシェア数:202
  8. 血中トランス脂肪酸高値は日本人でもCVリスク 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:202
  9. 地域医療構想の未来とお座敷遊び「とらとら」と 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:0
  10. ガイドライン外来診療◆貧血 ガイドライン外来診療 FBシェア数:0