2004.08.30

東京都のフィットネスクラブ、都民の日に120店舗で無料体験実施 運動習慣定着目指す都と共同キャンペーン

 運動習慣の重要性が叫ばれているにもかかわらず、東京都民はますます運動嫌いになっているようだ。このため、東京都では9月1日から都民の日にあたる10月1日まで、フィットネス業界団体と共同で、運動習慣定着を推進するキャンペーンを行う。都民の日には都内120カ所のフィットネスクラブで無料体験デーを実施する予定だ。

 国民栄養調査の結果によると、東京都の成人で1日30分間以上、週2日以上の運動を1年以上続けている人の割合は長期低落傾向にある。1994年には男性で40%、女性で35%程度だったのに対し、2002年の国民栄養調査結果では男性が18.2%、女性が22.5%と、男性では2割を切った。これは同時期の全国平均である男性31.6%、女性28.3%に比べて大幅に低い。至近距離に無数の運動施設がありながら、十分活用されていないのが現状のようだ。

 このため、東京都では、フィットネス業界団体と共同で啓発用冊子「健康づくりとフィットネス」を作成、9月1日から10月1日まで、都内195カ所のフィットネスクラブで運動の意義や継続のコツなどを紹介するほか、10月1日の都民の日には、都内120カ所の施設で体験希望者を無料で受け入れることにしたもの。

 東京都のプレスリリースはこちら、無料体験デーの協力施設一覧はこちらで見ることができる。体験利用は前日までに電話予約が必要。施設によっては先着人数制限などがある。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「金がないから検査はしたくない」への応え方 シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:141
  2. さよならNEJM、そしてさよならFDA 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:4
  3. 「できるだけ安い薬を出して」と言われたら シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:128
  4. 「どう逝きたいか」がリアルに伝わる文書を施設間で… ケーススタディー◎春日井市民病院「ACP相談員」 FBシェア数:27
  5. 「爪剥がし事件」で逆転無罪、正当な医療行為と認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:80
  6. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  7. 先輩たちが新人を退職に追い込んだ意外な理由 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:0
  8. 70歳男性。左下腹部痛、血便 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:131
  10. アドバンス・ケア・プランニングはどう進める? インタビュー◎意思決定支援なしでは治療できない時代に FBシェア数:16