2004.08.27

【ミニトレンド】 ソフトドリンク、日本では茶系飲料がトップ、甘み控えめが主流へ

 米国医師会誌Journal of American Medical Association誌2004年8月26日号にコーラなど糖分の多いソフトドリンクを飲み続けている女性は体重増加や糖尿病発症の危険があると指摘する論文が掲載されているが、日本の消費者は甘みがまったくない茶系ドリンクが最も売れており、ソフトドリンク市場では甘さ離れが進んでいるようだ。

 全国清涼飲料工業会の調査によると、2003年のソフトドリンクの生産量は約1600万kLで、このうち、茶系飲料が約500万kL(31%)で最も多く、コーヒー飲料の約270万kL(17%)、炭酸飲料の約250万kL(16%)がこれに続く(グラフ)。コーヒー飲料は横ばい、炭酸飲料と果実飲料は下降気味で、茶系飲料がシェアを伸ばしている。

 同協会が2002年11月に首都圏、近畿圏在住の15〜59歳の男女904人に対して実施したアンケート結果でも「甘さの少ないものをよく飲む方」という回答が64.1%(「よくあてはまる」と「まああてはまる」の合計)を占め、「炭酸が入っているものをよく飲む方」は同じく33.8%で、比較的甘い飲料が多い、コーラ、サイダー系は好まれなくなっていることが明らかになっている。

 冒頭の論文でも、ソフトドリンクに含まれる砂糖分は速やかに吸収され、エネルギー源になると指摘している。過剰な摂取を控え、運動時や疲労時などに適切な摂取を心がければ、甘い飲料も有効活用できそうだ。

全国清涼飲料工業会のホームページはこちらまで(中沢真也)。

■ 関連トピックス ■
◆ 2004.8.26 甘いソフトドリンク好きの女性はご用心、2型糖尿病と体重増加のリスクに

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 女性医師に出会いを提供する「女医コン」とは Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:174
  2. 「資格を取得してから開業」のはずが… 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  3. 「患者への説明」に時間を充てすぎてはいけない 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:588
  4. 80歳女性。意識障害 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  5. 僕らは40歳までに下らなければいけない 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:37
  6. 結核性脳脊髄膜炎で夭逝した中原中也 病と歴史への招待 FBシェア数:112
  7. 吐き気と微妙な心電図、先生の判断は? 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:0
  8. 52歳男性。右顔面痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. キラキラ系女医とのデートにおけるコツと注意点 迷走外科医のこじらせ幸福論 FBシェア数:0
  10. 学会が「推奨しない検査」はコレ! 特集◎検査の賢い減らし方《Choosing Wiselyとは》 FBシェア数:769