2004.08.27

【ミニトレンド】 ソフトドリンク、日本では茶系飲料がトップ、甘み控えめが主流へ

 米国医師会誌Journal of American Medical Association誌2004年8月26日号にコーラなど糖分の多いソフトドリンクを飲み続けている女性は体重増加や糖尿病発症の危険があると指摘する論文が掲載されているが、日本の消費者は甘みがまったくない茶系ドリンクが最も売れており、ソフトドリンク市場では甘さ離れが進んでいるようだ。

 全国清涼飲料工業会の調査によると、2003年のソフトドリンクの生産量は約1600万kLで、このうち、茶系飲料が約500万kL(31%)で最も多く、コーヒー飲料の約270万kL(17%)、炭酸飲料の約250万kL(16%)がこれに続く(グラフ)。コーヒー飲料は横ばい、炭酸飲料と果実飲料は下降気味で、茶系飲料がシェアを伸ばしている。

 同協会が2002年11月に首都圏、近畿圏在住の15〜59歳の男女904人に対して実施したアンケート結果でも「甘さの少ないものをよく飲む方」という回答が64.1%(「よくあてはまる」と「まああてはまる」の合計)を占め、「炭酸が入っているものをよく飲む方」は同じく33.8%で、比較的甘い飲料が多い、コーラ、サイダー系は好まれなくなっていることが明らかになっている。

 冒頭の論文でも、ソフトドリンクに含まれる砂糖分は速やかに吸収され、エネルギー源になると指摘している。過剰な摂取を控え、運動時や疲労時などに適切な摂取を心がければ、甘い飲料も有効活用できそうだ。

全国清涼飲料工業会のホームページはこちらまで(中沢真也)。

■ 関連トピックス ■
◆ 2004.8.26 甘いソフトドリンク好きの女性はご用心、2型糖尿病と体重増加のリスクに

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  2. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:21
  3. 中国で流行拡大、家禽類の感染まん延が原因か パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:141
  4. 『動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017』最終案… リポート◎冠動脈疾患の発症を重視した動脈硬化治療の新指針 FBシェア数:264
  5. 株式投資なんてギャンブルでしょ…は誤解! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:2
  6. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  7. 「入局は決めたけど、やりたいことはありません」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:1
  9. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  10. 週刊誌の「薬を飲むな!」に自らの服薬指導の危うさ… Inside Outside FBシェア数:43