2004.08.27

栄研化学、受診者が自宅で血清分離できる郵送検診用採血セットを発売

 栄研化学は、受診者が採取した血液を自宅で容易に遠心分離できる郵送検診用採血・血清分離キット「かんたん遠心器EC-10」と「かんたん採血セット‘栄研’を9月1日に発売する。メーカー希望納入価格は、遠心器が1台2500円(税別)、採血セットが100セットで8万円(税別)。

 かんたん採血セットには穿刺器具、検体チューブと救急絆創膏などが含まれている。受診者は指先を穿刺し、血液4〜5滴を容器に取り、3分間程度の遠心操作を行う。遠心後、容器のふたを閉め、返送用袋に入れて返送すればよい。遠心機は単三乾電池2本で作動し、毎分7300回転で動作する。医療機関などで使用される遠心分離機とほぼ同等の分離成績が期待できるという。希釈液を用いず、全血を遠心分離するため、濃度の検査も可能となる。

 栄研化学のプレスリリースはこちらまで(pdfファイル)。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:294
  2. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:13
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:257
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:4
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:39
  8. 安定狭心症へのPCI、症状改善に有意差認めず 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:0
  9. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  10. インフルエンザウイルスの抗原変異は予測可能 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《Interview》 FBシェア数:3