2004.08.27

【Pharma Business】 MRのキモチ:大学教授から叱責を受けたMRの物語

 G太郎は、MRになって12年目の春、以前から希望していた大学病院担当のMRに任命された。大学病院の担当になることは、MRにとって一つの夢である。社内で一目置かれる存在であると同時に、最新の学会情報について教授クラスの医師と直に議論できる点などが、他のMRとは比較にならないやりがいを感じさせてくれるからだ。G太郎が担当することになったのは、東京でも有名な私立大学の医学部付属病院であった。医学界に対する影響力も大きく、G太郎の勤めているアマテラス製薬にとって、トッププライオリティーを持つ病院の一つでもある(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018改定で加速! 診療実績ない病院は淘汰へ 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:68
  2. 67歳男性。心電図異常 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 『君たちはどう生きるか』と救急受け入れ拒否 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:73
  4. 糖尿病合併高血圧は尿蛋白陰性ならCa拮抗薬も 特集◎生活習慣病 7つの新常識《2》 FBシェア数:5
  5. 褥瘡治癒の決め手は「亜鉛」にあった リポート◎木を見て森を見ずの褥瘡治療 FBシェア数:550
  6. 130/80mmHg超えたら高血圧?患者数急増へ 特集◎生活習慣病 7つの新常識《1》 FBシェア数:60
  7. 母親の終末期を巡る兄弟の葛藤への対処法 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:113
  8. 第二世代抗ヒスタミン薬:アレグラ人気変わらず NMO処方サーベイ FBシェア数:2
  9. なぜ医療機関で「残念な上司」が増殖するのか 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:414
  10. 「人生の最終段階に関するGL」改訂へ 3月末までの改訂予定で、厚労省がたたき台を提示 FBシェア数:65
医師と医学研究者におすすめの英文校正