2004.08.27

厚労省、医薬品・医療用具等安全性情報第204号を発行 重要な副作用等に関する情報が4件報告

 厚生労働省は8月26日、医薬品・医療用具等安全性情報204号を公表した。今回は重要な副作用等に関する情報が4件報告されている。取り上げられた医薬品は、アルガトロバン、クエン酸モサプリド、サリチルアミド・アセトアミノフェン・無水カフェイン・メチレンジサリチル酸プロメタジン、濃グリセリン・果糖の4つ。改訂内容のほか、参考文献、改訂の根拠となった症例の概要などがまとめられている。

1.アルガトロバン
 使用上の注意で「副作用(重大な副作用)」の項目に、「劇症肝炎、肝機能障害、黄疸:劇症肝炎等の重篤な肝機能障害,黄疸があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと」が追加された。

2.クエン酸モサプリド
 使用上の注意で「副作用(重大な副作用)」に劇症肝炎が追加、「死亡に至った例がある」ことも明記された。

3.サリチルアミド・アセトアミノフェン・無水カフェイン・メチレンジサリチル酸プロメタジン
 使用上の注意で「副作用(重大な副作用)」の項目に、「緑内障:緑内障発作があらわれることがあるので、視力低下、眼痛等があらわれた場合には投与を中止、適切な処置を行うこと」が追加された。

4.濃グリセリン・果糖
 使用上の注意で「禁忌」に「成人発症II型シトルリン血症の患者」が追加された。また、「重要な基本的注意」に、「成人発症II型シトルリン血症の患者に対して、脳浮腫治療のために本剤を投与して病態が悪化し、死亡したとの報告がある。成人発症II型シトルリン血症(血中シトルリンが増加する疾病で、繰り返す高アンモニア血症による異常行動、意識障害等を特徴とする)が疑われた場合には、本剤を投与しないこと」が追加された。

 このほか、カベルゴリン、マレイン酸フルボキサミン、エダラボンなど13件で、使用上の注意の改訂が行われた。

 さらに詳しくは厚生労働省の発表資料へ。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:39
  2. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:143
  3. 大阪北部で地震発生! 救急医の1日 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:175
  4. 85歳の癌患者に標準治療を行いますか? リポート◎高齢癌患者の治療適否は予後とQOLへの影響で判断 FBシェア数:147
  5. 某球団の熱烈ファンを狙った医師採用戦略 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:212
  6. 50歳男性、夜中の意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. 食べられない高齢者にはこう介入する Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:174
  8. 患者トラブルの背後に隠れていた「虐待」 なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:55
  9. プライマリ・ケア連合学会が成人までカバーしたワク… 学会トピック◎第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:107
  10. 身体障害を克服して信玄に仕えた 山本勘助 病と歴史への招待 FBシェア数:1
医師と医学研究者におすすめの英文校正