2004.08.27

日本通運、アメリカ在宅医療視察ツアーを主催

 日本通運は今年も、米国最大の在宅ケア関連展示会の一つである第25回Medtrade2004視察ツアーを主催する。期間は10月24日から30日の7日間。コーディネーターは、前米国大使館上席商務専門官である稲葉厚氏を予定している。旅行代金は34万8000円(2人1部屋、エコノミークラスの場合)。募集定員は25人。申し込み締め切りは9月24日。

 視察ツアーでは、オーランドで開催されるMedtrade2004の視察のほか、ワシントンで在宅医療関連機関であるVisiting Nurse Association、National Association of Home Careへの訪問も予定に組み込んでいる。

 問い合わせは、日本通運首都圏旅行支店 営業第7課「在宅医療デスク」(TEL:03-6251-6357、担当;野田、吉田、傍島)まで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176