2004.08.27

日本通運、アメリカ在宅医療視察ツアーを主催

 日本通運は今年も、米国最大の在宅ケア関連展示会の一つである第25回Medtrade2004視察ツアーを主催する。期間は10月24日から30日の7日間。コーディネーターは、前米国大使館上席商務専門官である稲葉厚氏を予定している。旅行代金は34万8000円(2人1部屋、エコノミークラスの場合)。募集定員は25人。申し込み締め切りは9月24日。

 視察ツアーでは、オーランドで開催されるMedtrade2004の視察のほか、ワシントンで在宅医療関連機関であるVisiting Nurse Association、National Association of Home Careへの訪問も予定に組み込んでいる。

 問い合わせは、日本通運首都圏旅行支店 営業第7課「在宅医療デスク」(TEL:03-6251-6357、担当;野田、吉田、傍島)まで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:883
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:1
  4. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:204
  5. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:214
  6. 本当に怖い夜勤の話 病院珍百景 FBシェア数:0
  7. 検査結果を基に診断を考えるな! 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:12
  8. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:238
  9. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  10. 典型画像が見えない敵、膵炎を除外するな! 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:25