2004.08.26

軽症2型糖尿病治療の第1選択薬、上位はベイスン、メルビン、アマリール

 MedWaveが実施した「2型糖尿病の薬物治療に関する調査」で、軽症2型糖尿病治療の第1選択薬の上位は、ベイスン、メルビン、アマリールなどの銘柄であることが分かった。

 調査では主な29品目を提示し、第1選択薬としてよく使う薬の商品名を挙げてもらった。その結果、肥満を伴う軽症2型糖尿病でもっとも多かったのは「ベイスン」で、25.6%と4人に一人以上が挙げた。2位は「メルビン」(15.6%)、3位は「アマリール」(9.6%)だった。専門科目別でみると、糖尿病・内分泌代謝内科では「メルビン」が1位、消化器内科および循環器内科では「ベイスン」が1位だった。

 肥満を伴わない軽症2型糖尿病では、もっとも多かったのは「ベイスン」で23.6%。2位は「アマリール」(14.0%)、3位は「ファスティック」(12.0%)だった。専門科目別では、糖尿病・内分泌代謝内科で「ファスティック」が1位、循環器内科では「スターシス」が1位だった。

 調査は、調査票の発送、回収のすべてをインターネットで実施。日経BP社の医療総合サイトMedWaveに登録している医師にアンケートサイトを告知し、サイトを通じて回答を回収した。調査回答数は、301人(消化器内科83人、循環器内科51人、糖尿病・内分泌代謝内科55人、その他科目112人)。調査期間は2004年5月14日〜30日。(三和護)


-- PR -----------------------------------------------------------------
▼製薬企業の皆様へ
MedWave調査:2型糖尿病の薬物治療リポートのご案内
「2型糖尿病の薬物治療」調査の結果報告書を販売しています。
■お問い合わせ先
〒102-8622 東京都千代田区平河町2-7-6  日経BP社 医療局広告
電話 03-5210-8036 FAX 03-5210-8321  E-mail nm-ad@nikkeibp.co.jp
----------------------------------------------------------------------

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:585
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:480
  3. 原発性アルドステロン症の重症例を見逃すな トレンド◎診断のボトルネックを解消する新たな基準が決定 FBシェア数:200
  4. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:185
  5. 繰り返す乾燥肌やマラセチアの陰に保温肌着 リポート◎保温肌着の愛用者かどうかを聞き取り適切な生活指導を FBシェア数:459
  6. 佐久の医師たちがハッとした海外研修生の一言 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:97
  7. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:34
  8. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:211
  10. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:22