2004.08.26

軽症2型糖尿病治療の第1選択薬、上位はベイスン、メルビン、アマリール

 MedWaveが実施した「2型糖尿病の薬物治療に関する調査」で、軽症2型糖尿病治療の第1選択薬の上位は、ベイスン、メルビン、アマリールなどの銘柄であることが分かった。

 調査では主な29品目を提示し、第1選択薬としてよく使う薬の商品名を挙げてもらった。その結果、肥満を伴う軽症2型糖尿病でもっとも多かったのは「ベイスン」で、25.6%と4人に一人以上が挙げた。2位は「メルビン」(15.6%)、3位は「アマリール」(9.6%)だった。専門科目別でみると、糖尿病・内分泌代謝内科では「メルビン」が1位、消化器内科および循環器内科では「ベイスン」が1位だった。

 肥満を伴わない軽症2型糖尿病では、もっとも多かったのは「ベイスン」で23.6%。2位は「アマリール」(14.0%)、3位は「ファスティック」(12.0%)だった。専門科目別では、糖尿病・内分泌代謝内科で「ファスティック」が1位、循環器内科では「スターシス」が1位だった。

 調査は、調査票の発送、回収のすべてをインターネットで実施。日経BP社の医療総合サイトMedWaveに登録している医師にアンケートサイトを告知し、サイトを通じて回答を回収した。調査回答数は、301人(消化器内科83人、循環器内科51人、糖尿病・内分泌代謝内科55人、その他科目112人)。調査期間は2004年5月14日〜30日。(三和護)


-- PR -----------------------------------------------------------------
▼製薬企業の皆様へ
MedWave調査:2型糖尿病の薬物治療リポートのご案内
「2型糖尿病の薬物治療」調査の結果報告書を販売しています。
■お問い合わせ先
〒102-8622 東京都千代田区平河町2-7-6  日経BP社 医療局広告
電話 03-5210-8036 FAX 03-5210-8321  E-mail nm-ad@nikkeibp.co.jp
----------------------------------------------------------------------

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1054
  2. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:292
  3. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:432
  4. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:16
  5. どうする? 扁桃摘出1週間後の術後出血 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:0
  6. BPSDには非薬物療法が最良の選択肢なのか? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:62
  7. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:22
  8. 天井に届いた喀血 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:1
  9. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:49
  10. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:56