2004.08.26

FDAが新生児の先天性疾患スクリーニング検査を承認

 米国食品医薬品局(FDA)は8月25日、新生児の先天性疾患スクリーニング検査を承認した。フェニルケトン尿症やメープルシロップ病など、色々な先天性疾患が対象となり、早期診断によって長期アウトカムや生活の質(QOL)の向上につながるという。

 この検査キットは、「NeoGram Amino Acids and Acylcarnitines Tandem Mass Spectrometry Kit」で、血液中のアミノ酸と遊離カルニチン、アシルカルニチンの濃度を調べる。スクリーニングの対象となる先天性疾患は、先に挙げた2種のほか、中鎖アシルCoAデヒドロゲナーゼ欠乏症、イソ吉草酸血症、ホモシスチン尿症、遺伝性チロシン血症などが含まれる。

 なお同検査は、こうした新生児の代謝異常を予測するにあたり、単独で用いるのではなく、臨床的評価や他の診断ツールと併せて用いるべきだとしている。

 同検査キットの製造元は、PerkinElmer Life and Analytical Sciences社(マサチューセッツ州Boston)。詳しくは、FDAのニュース・リリースまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 摘便希望で救急搬送!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:14
  2. 慢性便秘症の治療薬、使い分けのポイントは? トレンド◎国内初の慢性便秘症診療ガイドラインが登場 FBシェア数:18
  3. 同時改定で狙い撃ちされる「高齢者住宅併設型」 記者の眼 FBシェア数:33
  4. 変な紅斑に潜む「危ない紅斑」の見分け方 【臨床講座】ドキュメント皮膚科外来 FBシェア数:4
  5. 初期臨床研修のローテ、7科必修に戻るらしいよ 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:174
  6. インフルエンザ、流行期入りの自治体が出始める インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:300
  7. 29年後に肺内転移した癌 Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:29
  8. 腰椎穿刺ではベッドと脊椎の平行をキープ EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:0
  9. 米高血圧ガイドライン改訂、基準値130/80に 学会トピック◎第66回米国心臓協会学術集会(AHA2017) FBシェア数:505
  10. 他人がウマイ儲け話を教えてくれるはずがない Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:37