2004.08.25

【Pharma Business】 SCRIP MAGAZINE:進化を続ける骨粗鬆症治療薬(上)

 骨粗鬆症の治療方法としてかつて主流だったホルモン置換療法(HRT)は、乳癌や他の疾患を発症する危険性が指摘されたことから長期処方は奨励されなくなった。代わりにここ数年はビスフォスフォネートが、主役になりつつある。

 ビスフォスフォネートは、イーライリリーの選択的エストロゲン受容体モジュレーターであるEvista(ラロキシフェン)やカルシトニンと同様に、骨吸収を阻害する作用を有している。ニューヨークのヘレンヘイズ病院に勤務するロバート・リンゼー博士は、「骨折のリスクが高い人の場合、ビスフォスフォネートが標準的な治療薬となっている」と語る。

 ビスフォスフォネート製剤で売上高が大きいのは、メルクのFosamax(アレンドロネート)とアベンティスのActonel(リゼドロネート)である。両剤とも、破骨細胞の働きを抑制することで骨の吸収を抑え、さらに再石灰化を促すことで骨密度を上昇させる(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:129
  2. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:57
  3. NCDで変わり始めた外科手術 リポート◎登録開始から5年、800万を超える外科症例データが集積 FBシェア数:35
  4. 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:282
  5. 81歳男性。側腹部の膨隆 日経メディクイズ●救急
  6. 地域枠義務放棄の医師採用は研修補助金を減額 臨床研修病院はマッチング時に「地域枠医師」かどうかの確認を FBシェア数:221
  7. 63歳女性。手指と足首の痛みを伴う皮疹 日経メディクイズ●皮膚
  8. 国主導の『抗微生物薬適正使用の手引き』公表へ 厚生科学審議会感染症部会で了承 FBシェア数:87
  9. 13歳女児。繰り返す嘔吐 日経メディクイズ●小児
  10. 今年の大学医学部入試の問題から(その1) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1