2004.08.25

【Pharma Business】 SCRIP MAGAZINE:進化を続ける骨粗鬆症治療薬(上)

 骨粗鬆症の治療方法としてかつて主流だったホルモン置換療法(HRT)は、乳癌や他の疾患を発症する危険性が指摘されたことから長期処方は奨励されなくなった。代わりにここ数年はビスフォスフォネートが、主役になりつつある。

 ビスフォスフォネートは、イーライリリーの選択的エストロゲン受容体モジュレーターであるEvista(ラロキシフェン)やカルシトニンと同様に、骨吸収を阻害する作用を有している。ニューヨークのヘレンヘイズ病院に勤務するロバート・リンゼー博士は、「骨折のリスクが高い人の場合、ビスフォスフォネートが標準的な治療薬となっている」と語る。

 ビスフォスフォネート製剤で売上高が大きいのは、メルクのFosamax(アレンドロネート)とアベンティスのActonel(リゼドロネート)である。両剤とも、破骨細胞の働きを抑制することで骨の吸収を抑え、さらに再石灰化を促すことで骨密度を上昇させる(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:74
  2. 某球団の熱烈ファンを狙った医師採用戦略 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:172
  3. 70歳代男性。検診の胸部X線 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  4. ルーチンの読影手順 正常構造をまず確認 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:26
  5. OSA患者のCPAP使用は性生活の質を改善する JAMA Otolaryngol Head Neck Surg誌から FBシェア数:23
  6. 再発で引退も…オーバートレーニング症候群 あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:29
  7. エリートサラリーマンが子どもに私立医学部を勧める… 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:28
  8. 「オギノ式」を生んだ荻野久作夫妻の絆 病と歴史への招待 FBシェア数:6
  9. 主訴「僕、麻疹かもしれない」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:100
  10. ティール組織から考える理想の組織って? 「医療」ってなんだっけ FBシェア数:13
医師と医学研究者におすすめの英文校正