2004.08.25

【Pharma Business】 SCRIP MAGAZINE:進化を続ける骨粗鬆症治療薬(上)

 骨粗鬆症の治療方法としてかつて主流だったホルモン置換療法(HRT)は、乳癌や他の疾患を発症する危険性が指摘されたことから長期処方は奨励されなくなった。代わりにここ数年はビスフォスフォネートが、主役になりつつある。

 ビスフォスフォネートは、イーライリリーの選択的エストロゲン受容体モジュレーターであるEvista(ラロキシフェン)やカルシトニンと同様に、骨吸収を阻害する作用を有している。ニューヨークのヘレンヘイズ病院に勤務するロバート・リンゼー博士は、「骨折のリスクが高い人の場合、ビスフォスフォネートが標準的な治療薬となっている」と語る。

 ビスフォスフォネート製剤で売上高が大きいのは、メルクのFosamax(アレンドロネート)とアベンティスのActonel(リゼドロネート)である。両剤とも、破骨細胞の働きを抑制することで骨の吸収を抑え、さらに再石灰化を促すことで骨密度を上昇させる(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:479
  2. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:12
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. オピオイドの用量調節とスイッチングの基本方法 国分秀也の「ゼロから学ぶオピオイド」 FBシェア数:105
  5. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:582
  6. 「真面目なメンタルケア」が真面目ちゃんを苦しめる 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  7. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:20
  8. インフル入院患者、届出数が100人を超える インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:109
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:196
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:180