2004.08.25

【再掲】2型糖尿病へのアトロバスタチン投与で、心血管疾患リスクが37%減

 2型糖尿病患者は心血管疾患リスクが高いことが知られているが、アトロバスタチンの投与で、同リスクが37%も減少することが分かった。特に心筋梗塞リスクは、およそ半減するという。これは、英国Royal Free and University College Medical SchoolのHelen M. Colhoun氏らが2800人超を対象に行った、多施設共同無作為化プラセボ対照二重盲検試験で明らかにしたもので、8月24日発行のランセット誌で発表した。早期に望ましい結果が得られたため、同試験は予定よりも2年早く終了した。

 同試験は、英国とアイルランドの132施設で行われた。被験者は合計2838人。2型糖尿病で心血管疾患の病歴がなく、LDL(低比重リポ蛋白)コレステロール濃度4.14mmol/l以下、トリグリセリド値6.78mmol/l以下で、さらに、網膜症、アルブミン尿、高血圧症、その時点での喫煙のうち、いずれかがあてはまる人。年齢は40〜75歳だった。Colhoun氏らは被験者を2群に分け、一方にはアトロバスタチン10mg/日を、もう一方にはプラセボを投与した。追跡期間の中央値は3.9年。

 その結果、追跡期間中に急性冠動脈性心疾患イベントや冠動脈血管再生、心筋梗塞のうちいずれかが起った人は、プラセボ群で127人、アトロバスタチン群で83人だった。これをリスク減少率に直すと、アトロバスタチン群はプラセボ群に比べ、心血管疾患イベントの発症リスク減少率は37%(95%信頼区間:52〜17)だった。これは、今回の研究対象となったような人1000人を4年間治療すると、血管疾患イベントを37回予防できることに等しいという。

 さらに、同発症リスク減少率について、個々のイベントごとに見てみると、急性冠動脈性心疾患イベントは減少率36%、冠動脈血管再生は同31%、脳卒中は同48%だった。

 Colhoun氏らは、2型糖尿病患者に対するアトロバスタチン投与は、対象となる患者が特に心血管疾患リスクが低い場合を除き、効果が期待できるとしている。

 論文のタイトルは「Primary prevention of cardiovascular disease with atorvastatin in type 2 diabetes in the Collaborative Atorvastatin Diabetes Study (CARDS): multicentre randomised placebo-controlled trial」。

 同研究結果のアブストラクトは、ランセット誌のホームページで見ることができる。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

■ 訂正 ■
 4段落目の「心筋梗塞は同48%だった」は「脳卒中は同48%だった」の誤りでした。お詫びして訂正いたします(MedWave編集長 三和護)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:29
  2. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:222
  3. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  4. 麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:237
  5. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:56
  6. 若年者のピロリ菌スクリーニング検査は簡便な尿中抗… 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:385
  8. 初訪問で患者が激怒!そのワケは? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:79
  9. 「怒鳴る」「注意できない」管理者の結末 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:6
  10. 2016年の梅毒患者は4500人超、最多の東京都… 前年比で大幅増加 FBシェア数:239