2004.08.25

サンフランシスコ市、ED治療薬乱用がHIVなど性感染症増加招くとFDAに対策を要請

 サンフランシスコ市公衆衛生局は8月23日、米国食品医薬品局(FDA)に対し、勃起機能障害(ED)治療薬の乱用による性感染症の増加に対処する措置をとるように要請したことを明らかにした。

 同市公衆衛生局性感染症予防課は、2001年以来、FDAに対して、ED治療薬乱用による性感染症増加の現状をたびたび報告してきたが、今回は「市民請願」と呼ばれる方式で要請を行った。FDAは今後、180日間のパブリックコメント受付期間を経て採否を判断する。

 サンフランシスコ市感染症予防課は、製薬企業は、医師と患者のコミュニケーションを促す一般的な教育の普及については前向きな姿勢を示しているが、ED治療薬の“娯楽的”利用や、アンフェタミンなど他の薬剤との併用、HIV感染の高リスク群である男性同性愛者における乱用などの問題に焦点を絞るべきだと強調する。また、ED治療薬を処方する医師についても、「患者の性行動について見て見ぬふりをする傾向がある」と指摘し、こうした無責任な対応は改めるべきだとしている。

 乱用に対する措置の一例として、ED治療薬のラベルに「本剤の服用は、性感染症やHIV感染のリスクを増やす可能性がある」と明記することを提案している。

 サンフランシスコ市のプレスリリースはこちらhttp://www.sfgov.org/site/frame.asp?u=で閲覧できる。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1641
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:160
  3. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:106
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:61
  6. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  7. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:183
  8. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  9. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:168
  10. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:48