2004.08.25

サンフランシスコ市、ED治療薬乱用がHIVなど性感染症増加招くとFDAに対策を要請

 サンフランシスコ市公衆衛生局は8月23日、米国食品医薬品局(FDA)に対し、勃起機能障害(ED)治療薬の乱用による性感染症の増加に対処する措置をとるように要請したことを明らかにした。

 同市公衆衛生局性感染症予防課は、2001年以来、FDAに対して、ED治療薬乱用による性感染症増加の現状をたびたび報告してきたが、今回は「市民請願」と呼ばれる方式で要請を行った。FDAは今後、180日間のパブリックコメント受付期間を経て採否を判断する。

 サンフランシスコ市感染症予防課は、製薬企業は、医師と患者のコミュニケーションを促す一般的な教育の普及については前向きな姿勢を示しているが、ED治療薬の“娯楽的”利用や、アンフェタミンなど他の薬剤との併用、HIV感染の高リスク群である男性同性愛者における乱用などの問題に焦点を絞るべきだと強調する。また、ED治療薬を処方する医師についても、「患者の性行動について見て見ぬふりをする傾向がある」と指摘し、こうした無責任な対応は改めるべきだとしている。

 乱用に対する措置の一例として、ED治療薬のラベルに「本剤の服用は、性感染症やHIV感染のリスクを増やす可能性がある」と明記することを提案している。

 サンフランシスコ市のプレスリリースはこちらhttp://www.sfgov.org/site/frame.asp?u=で閲覧できる。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ポストがない…転職に動く「外様」医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:60
  2. 74歳女性。労作時呼吸困難 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 特養の嘱託医、頑張るほど「持ち出し」の現実 記者の眼 FBシェア数:56
  4. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  5. 解雇された職員、撤回求め院長に交渉を要求 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 感染対策もオシャレに わかる!院内感染対策 FBシェア数:10
  7. オーナーが倒産寸前! 危ない物件の見分け方 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  8. なぜ広がらない?看護師特定行為研修制度 リポート◎10年で10万人目指すも、1年半で583人… FBシェア数:17
  9. 「AIに興味がある医師」を探し始めた病院の狙い 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:9
  10. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0