2004.08.25

サンフランシスコ市、ED治療薬乱用がHIVなど性感染症増加招くとFDAに対策を要請

 サンフランシスコ市公衆衛生局は8月23日、米国食品医薬品局(FDA)に対し、勃起機能障害(ED)治療薬の乱用による性感染症の増加に対処する措置をとるように要請したことを明らかにした。

 同市公衆衛生局性感染症予防課は、2001年以来、FDAに対して、ED治療薬乱用による性感染症増加の現状をたびたび報告してきたが、今回は「市民請願」と呼ばれる方式で要請を行った。FDAは今後、180日間のパブリックコメント受付期間を経て採否を判断する。

 サンフランシスコ市感染症予防課は、製薬企業は、医師と患者のコミュニケーションを促す一般的な教育の普及については前向きな姿勢を示しているが、ED治療薬の“娯楽的”利用や、アンフェタミンなど他の薬剤との併用、HIV感染の高リスク群である男性同性愛者における乱用などの問題に焦点を絞るべきだと強調する。また、ED治療薬を処方する医師についても、「患者の性行動について見て見ぬふりをする傾向がある」と指摘し、こうした無責任な対応は改めるべきだとしている。

 乱用に対する措置の一例として、ED治療薬のラベルに「本剤の服用は、性感染症やHIV感染のリスクを増やす可能性がある」と明記することを提案している。

 サンフランシスコ市のプレスリリースはこちらhttp://www.sfgov.org/site/frame.asp?u=で閲覧できる。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 超高層老人ホーム、救命はどうなる? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:171
  2. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 繰り返す難治性めまいでは「首」を疑え リポート◎現代のライフスタイルで発症しやすい頸性めまい FBシェア数:516
  4. 「25分」のカンファレンス準備時間が「0分」に リポート◎京大病院が進めるICT業務効率化(2) FBシェア数:143
  5. COPD患者が骨粗鬆症を発症しやすい理由 トレンド◎COPDがII期になるとき骨密度が同時に低下 FBシェア数:140
  6. 「こんな自分でも4月から救急医になれますか」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  7. アルブミンはギラン・バレー症候群の予測因子 JAMA Neurology誌から FBシェア数:130
  8. 「検査で異常がないので、帰していいですよね」 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:159
  9. 透明化迫られる病医院の関連法人、取引実態が閲覧可… 記者リポート FBシェア数:45
  10. 「型」から入れ! 疼痛への病歴聴取が基本の型 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:124