2004.08.24

医療を変える、次代の診断・評価技術−−日経バイオビジネスの特集

最新号表紙画像 新しい医療技術の普及のカギを握るのは、診断・評価技術だ。とりわけ、生体内の分子の挙動を非侵襲的にモニタリングする分子イメージング技術に注目が集まる。企業の取り組みが活発化し、技術の焦点も見えてきた。

 日経バイオビジネス9月号では、「医療を変える、次代の診断・評価技術」について特集しています。このほかの主な内容は以下の通り。

特集
 合言葉はヴァームに続け、五輪に賭ける食品各社

 五輪に乗じ、機能性食品の売り上げを伸ばそうと各社がしのぎを削っている。多額な協賛金を必要とする「公式スポンサー」以外にも、製品の露出を増やす方策はないものか。回答はヴァームの成功にあった。

特別リポート
 10年先見るスコットランドのバイオ
 世界の頭脳集めて町おこし

 ノバルティスがシンガポールに非営利の創薬研究所
 途上国の感染症対策に本腰

インタビュー
 サントリー取締役 先進技術応用研究所所長・田中隆治氏
 不可能とされた青いバラは、サントリーだからできたのです

ロングインタビュー 檄!
 東京大学名誉教授・渥美和彦氏
 不退転の決意で取り組めば夢は必ず実現する

 詳しくは、日経バイオビジネス9月号(8月15日発売)をお読み下さい。

 定期購読は、オンラインでもお申し込みいただけます。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1641
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:160
  3. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:106
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:61
  6. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  7. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:183
  8. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  9. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:168
  10. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:48