2004.08.23

中国で豚のH5N1感染、北京で開催の国際シンポで報告

 世界保健機関(WHO)は8月20日、中国の研究者が同国内の豚がH5N1ウイルスに感染していたとする報告を行ったと発表した。この報告は、ハルピンの獣医学研究所の研究者が、北京で開催された重症急性呼吸器症候群(SARS)とトリインフルエンザに関する国際シンポジウムで明らかにしたもの。WHOは事実関係の確認と研究の詳細についての報告を要請した。

 豚はヒト型とトリ型のインフルエンザに感染し得るため、体内で両ウイルスの遺伝子交換が起きる可能性があり、ヒト−ヒト感染を起こす病原性の高い新型ウイルスを生み出す温床になりかねない。

 感染経路としては、野生の水鳥からの直接感染が考えられている。野生の水鳥はすべてのインフルエンザウイルスを発症することなく保有し、大量のウイルスを含む糞を排泄するためだ。

 しかし、今年初頭にH5N1流行に見舞われたベトナムでも流行のピーク時でさえ、鳥から豚への感染は起きなかった。香港では中国本土から輸入される豚について常時抜き取り検査を実施しているが、これまでのところ、H5型ウイルスが検出されたことはないという。報告が事実だとすれば、新型インフルエンザ発生の危険がまた一歩近づいたことになるため、WHOでは関係諸機関と連携して警戒を強めている。

 WHOのプレスリリースはこちらで参照できる。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:261
  2. 45歳男性。胸痛、冷汗 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 「肩や上腕のひどい疼痛」で見逃せない疾患は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:1
  4. 医師需給の議論の進め方は「異常かつ非礼」 社会保障審議会医療部会で厚労省の議論の進め方に批判が噴出 FBシェア数:1
  5. 膿のニオイをかぐのはNG? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:4
  6. 新種カンジダによる侵襲性感染の世界的発生をCDC… トレンド◎3系統の抗真菌薬に耐性化した「C. auris」 FBシェア数:123
  7. ガイドラインにはない認知症の薬物療法のコツ プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:118
  8. 療養病床のあり方に関する議論の整理案まとまる シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:1
  9. 医療事故調制度の「目的外使用」が続々明らかに ニュース追跡◎制度開始から1年、現場の理解はいまだ不十分 FBシェア数:87
  10. 教授の真似事をしてみたが…… 薬局経営者奮戦記〜社長はつらいよ FBシェア数:14