2004.08.23

【Pharma Business】 Pharmaceutical Executive:グローバルマーケティングの時代がやって来た(上)

 1990年代初めに起こった医薬品に関する規制を国際的に共通化しようとの動きは、様々な面で製薬産業に利益をもたらしてきた。今や製薬企業は、世界各国で臨床試験を実施することで、開発にかかる費用と時間を削減できるようになった。

 最も重要な点は、共通化により同じガイドラインに従って臨床試験を実施するため、同じ内容・書式の書類での販売許可申請が可能になったことだ。その結果、新製品の適応や添付文書は、国が違ってもほとんど変わらなくなっている。

 こうした変化は、製薬企業のマーケッターにとってもメリットが大きい。各国の事情に応じてラベルや適応を変える必要がなくなり、製品の国際的なブランディングが容易になるからだ(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 摘便希望で救急搬送!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:14
  2. 慢性便秘症の治療薬、使い分けのポイントは? トレンド◎国内初の慢性便秘症診療ガイドラインが登場 FBシェア数:18
  3. 同時改定で狙い撃ちされる「高齢者住宅併設型」 記者の眼 FBシェア数:33
  4. 変な紅斑に潜む「危ない紅斑」の見分け方 【臨床講座】ドキュメント皮膚科外来 FBシェア数:4
  5. 初期臨床研修のローテ、7科必修に戻るらしいよ 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:174
  6. インフルエンザ、流行期入りの自治体が出始める インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:300
  7. 29年後に肺内転移した癌 Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:29
  8. 腰椎穿刺ではベッドと脊椎の平行をキープ EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:0
  9. 米高血圧ガイドライン改訂、基準値130/80に 学会トピック◎第66回米国心臓協会学術集会(AHA2017) FBシェア数:505
  10. 他人がウマイ儲け話を教えてくれるはずがない Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:37