2004.08.23

【Pharma Business】 Pharmaceutical Executive:グローバルマーケティングの時代がやって来た(上)

 1990年代初めに起こった医薬品に関する規制を国際的に共通化しようとの動きは、様々な面で製薬産業に利益をもたらしてきた。今や製薬企業は、世界各国で臨床試験を実施することで、開発にかかる費用と時間を削減できるようになった。

 最も重要な点は、共通化により同じガイドラインに従って臨床試験を実施するため、同じ内容・書式の書類での販売許可申請が可能になったことだ。その結果、新製品の適応や添付文書は、国が違ってもほとんど変わらなくなっている。

 こうした変化は、製薬企業のマーケッターにとってもメリットが大きい。各国の事情に応じてラベルや適応を変える必要がなくなり、製品の国際的なブランディングが容易になるからだ(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 63歳女性。手指と足首の痛みを伴う皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 不安になると救急外来にやってくる認知症患者 はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:16
  3. 実態と乖離、ずさんな開業計画書に要注意 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  4. 患者を「監視」していないか? 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:42
  5. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:136
  6. 医師への時間外労働規制の適用は5年後に 政府が「働き方改革実行計画」を決定 FBシェア数:131
  7. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:70
  8. 第102回薬剤師国試の合格率は71.58% 9479人の薬剤師が誕生、新卒合格率は85.06% FBシェア数:619
  9. アブレーション時のダビガトラン継続投与を評価 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎REPORT FBシェア数:80
  10. 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:335