2004.08.23

【Pharma Business】 Pharmaceutical Executive:グローバルマーケティングの時代がやって来た(上)

 1990年代初めに起こった医薬品に関する規制を国際的に共通化しようとの動きは、様々な面で製薬産業に利益をもたらしてきた。今や製薬企業は、世界各国で臨床試験を実施することで、開発にかかる費用と時間を削減できるようになった。

 最も重要な点は、共通化により同じガイドラインに従って臨床試験を実施するため、同じ内容・書式の書類での販売許可申請が可能になったことだ。その結果、新製品の適応や添付文書は、国が違ってもほとんど変わらなくなっている。

 こうした変化は、製薬企業のマーケッターにとってもメリットが大きい。各国の事情に応じてラベルや適応を変える必要がなくなり、製品の国際的なブランディングが容易になるからだ(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今から区分マンション投資?それは自殺行為です Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:87
  2. インフルエンザ脳症を疑う3つのポイント インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:148
  3. 結核病棟からの脱走劇 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:56
  4. 杏林大病院、診療体制維持での働き方改革に挑戦 シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:180
  5. 働き方改革の「緊急的取り組み」今月中に通知へ シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:91
  6. 日本一高いアイスクリームに医療費高騰の片鱗を見る Inside Outside FBシェア数:77
  7. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:211
  8. 持効型インスリン:デグルデクがシェア伸ばす NMO処方サーベイ FBシェア数:36
  9. 記録が伸びないアスリートに多い内科的疾患 記者の眼 FBシェア数:64
  10. 約2000万人の未診断者が課題 特集◎生活習慣病 7つの新常識《インタビュー》 FBシェア数:59
医師と医学研究者におすすめの英文校正