2004.08.23

スーダン国境の難民キャンプでE型肝炎の流行発生

 南部国境地域でのエボラ出血熱の流行がようやく終息したスーダンだが、今度はE型肝炎の流行に苦しんでいる。世界保健機関(WHO)が8月19日に発表したところによると、7月26日から8月13日までにGoz Amerの難民キャンプで急性黄疸症候群の672人が発症し、うち21人が死亡、7検体からE型肝炎ウイルスの抗体が検出された。

 流行が発生したのは、激しい内線でいくつもの村が消失したスーダン西部Gharb Darhur地方に隣接するチャド国境から100kmほど西のチャド国内に入ったGoz Amerに設けられた難民キャンプ。同様の流行はスーダン国内のGreater Darfur地方に設けられた国内避難民(IDP)キャンプでも発生している。どちらの流行も清潔な水の供給不足と不衛生によるものと見られている。WHOでは多機能チームを派遣し、感染制御と疫学的調査を進める計画だ。

 WHOのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 家の中に便が転がっていて何が悪いのか シリーズ◎在宅医療における感染対策(1) FBシェア数:748
  2. 桐島、救急部やめるってよ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:83
  3. 研修医の頃、株式投資で大ヤケドをした話 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:2
  4. 研修初日にしておくべきたった1つのこと 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:44
  5. 紛争地以上に高度な技術が必要な手術も 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:41
  6. SGLT2阻害薬の心保護作用は同系薬で共通 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎REPORT FBシェア数:190
  7. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:76
  8. 田辺三菱、アステラスが長期収載品から撤退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:132
  9. 応召義務 カデット特集●医師と法律 FBシェア数:0
  10. 不安になると救急外来にやってくる認知症患者 はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:18