2004.08.23

スーダン国境の難民キャンプでE型肝炎の流行発生

 南部国境地域でのエボラ出血熱の流行がようやく終息したスーダンだが、今度はE型肝炎の流行に苦しんでいる。世界保健機関(WHO)が8月19日に発表したところによると、7月26日から8月13日までにGoz Amerの難民キャンプで急性黄疸症候群の672人が発症し、うち21人が死亡、7検体からE型肝炎ウイルスの抗体が検出された。

 流行が発生したのは、激しい内線でいくつもの村が消失したスーダン西部Gharb Darhur地方に隣接するチャド国境から100kmほど西のチャド国内に入ったGoz Amerに設けられた難民キャンプ。同様の流行はスーダン国内のGreater Darfur地方に設けられた国内避難民(IDP)キャンプでも発生している。どちらの流行も清潔な水の供給不足と不衛生によるものと見られている。WHOでは多機能チームを派遣し、感染制御と疫学的調査を進める計画だ。

 WHOのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 非医師がタトゥーを彫るのは医師法違反か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:76
  2. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:156
  3. 診療報酬改定は在宅の負担軽減、遠隔診療が焦点 特集◎かかりつけ医の未来《動向編3》 FBシェア数:4
  4. 油断して言うと必ず何かが起こるアノ言葉!! 病院珍百景 FBシェア数:14
  5. 酒を飲んで仕事!? 待機中の飲酒はアリなのか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:190
  6. 胃潰瘍後のPPIはいつまで続ける? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:4
  7. 「胃癌予防目的での小児のピロリ除菌療法は推奨しな… 日本小児栄養消化器肝臓学会がガイドライン草案を公開 FBシェア数:94
  8. 有名医学雑誌は編集者の利益相反対策が必要 BMJ誌から FBシェア数:10
  9. ここまで分かった! 2018診療報酬改定の中味 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:28
  10. 【漫画】手帳シールの拒否が招いたトラブル ガンバレ薬剤師 FBシェア数:43